みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2014年02月02日

ヴォルフスブルグ 何故強豪になりきれないのか?

ヴォルフスブルグは後半戦2連敗。上位がもたついている間に浮上できたのに、お付き合いするように連敗。
しかもジエゴをアトレチコに放出なんて。
確かにデ ブルイネを獲得し、アーノルドも成長してますが、ジエゴの様な一流選手と一緒にプレイすることで若手の成長は更に大きくなると思うんですよね。
このメンツで優勝争い出来ないのは、監督、フロントの問題でしょう。
ヘッキングは古いタイプの監督で、戦術はワンパターンで、創造性よりも手堅いサッカーを嗜好するイメージがあります。
オリッチはワントップとしては明らかに実績もスキルも物足りないのですが、システムも選手も変えようとしません。
プレミアで失敗続きのヴィラスボラス辺りにやらせてみたら面白いと思うんですが。
アロフスがどう決断するのか?舵取り間違うと、また中位を彷徨うクラブに定着しちゃう気がします。
posted by イッチー at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

ブンデスリーガの興味はCL、EL争いに移った

ブンデスリーガ後半戦が始まりましたが、バイエルンが連勝し、レバークーゼン、ボルシアMG、ドルトムント、ヴォルフスブルグが揃って負け、引き分けで足踏みした事で、優勝はバイエルンで決まりでしょう。

もっとも、シーズン前から大方の予想はバイエルンの優勝でしたから驚きはないのですが、ドルトムントがもう少し抵抗してくれると期待していたのですが、やはり主力選手の勤続疲労から来る怪我が多発しては、ただでさえ薄い選手層ですから太刀打ち出来ませんね。
他のチームは優勝するには力不足というか、格でないですしね。

ドイツファンとしては来シーズンの欧州の舞台に出場するチームが気になるわけですが、今シーズンのELを見てもらえれば分かるように、中小クラブの躍進はそれなりに盛り上がりますが、力不足は明白で、やはりそれなりのクラブに上位に来てもらいたいのが本音です。

個人的な願望としては
CL:バイエルン、ドルトムント、ヴォルフスブルグ、シャルケ(この順位で)
EL:ボルシアMG、レバークーゼン、ホッフェンハイム(本当はHSVやブレーメンに来てほしいのだけど)
間違ってもマインツやアウグスブルクは勘弁です。

しかし、韓国人や日本人選手多くない?増えすぎるのは、昔からのドイツファンとしては嫌です。
posted by イッチー at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

頑張れ!サミ

ドイツ代表MFのサミ・ケディラ(レアル・マドリー)がイタリア代表との親善試合でピルロと接触して膝の靭帯を断裂する重傷をえてしまいました。
運動量が豊富で、対人能力も高く、ドイツ代表でも数少ない守備力を兼備した選手だっただけに、6か月の離脱はかなりの痛手です。
スペインでは不公平な評価や心無いレアルファンから辛辣なコメントが聞かれますが、縁の下の力持ち的な選手だけに分かる人には分かる好選手です。
レアルのチームメートからの励ましのコメントが発せられています。一日も早い復帰を望んでいます。
頑張れ、サミ!

DFアルバロ・アルベロアは『ツイッター』で、「頑張れよ、サミ! きっと今シーズン中にまた僕らとプレーするはずさ。ブラジルが待っているよ!」とコメント。GKイケル・カシージャスも『フェイスブック』で、ケディラと並んで撮った写真を掲載し、「頑張れ、君なら何でもできる。すぐに戻ってくるはずさ!」と励ました。

DFマルセロも『ツイッター』で「強くあれよ、サミ。僕らはみんな君のことが大好きなんだ。ブラジルが待っているよ」とツイート。FWクリスティアーノ・ロナウドも、やはり『ツイッター』で、「ケディラ、君の回復を心から願っている。君はファイターだ。僕らは早い復帰を待っているよ。W杯が君を待っているんだ」とコメントしている。
posted by イッチー at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

ドルトムントのこれまで

昨シーズンの躍進で、近年注目度がアップしているボルシア ドルトムントの今シーズンのこれまでについて、個人的な印象を述べたいと思います。

昨シーズン終盤でのゲッツェのバイエルン移籍発表でバイエルンとのライバル関係がさらにクローズアップされる事になりました。
ここまで、リーガでバイエルンに次ぐ2位、CLは2勝1敗勝ち点6でアーセナル、ナポリと並んでいます。DFBカップも勝ち進んでおり、ここまでは順調ではないでしょうか。
新戦力のムヒタリアン、オーバメヤン、パバスタソプーロスがチームにフィットしており、ゲッツェやサンターナが抜けた穴を感じさせません。怪我人続出で苦しい台所事情ですが、ホフマンやドゥルムら若手の台頭もあり何とかしのげています。
ただ、ここから先は更に厳しくなるでしょう。出ずっぱりのレギュラー陣の疲労によるパフォーマンス低下や怪我による離脱が発生するとバイエルンに差をつけられる事になるでしょう。
ギュンドアン、ピシュチェクの復帰が待たれます。また、冬にサイドバックだけでも補強しておいたほうが良いのではと個人的には思います。
バイエルンの1強では、リーグは余りにもつまらないですから、ドルトムントには頑張ってほしいものです。
posted by イッチー at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

バイエルンのここまで

久々の投稿です。
忙しくて、更新する気力がありませんでした。
先日のバイエルン対ハノーファー(DFBカップ)をテレビ観戦して、少し更新してみようかと
思い、重い腰を上げてこの記事を書いてます。

今シーズンからグアルディオラ監督に替わって、注目は今まで以上に集まっているかと思いますが、
昔からのファンである私から見て、見ていて面白いサッカーをするようになったなあって素直に
思います。
昨シーズンもかなり面白かったと思ってますが、今シーズンは少しハラハラドキドキ感もあり、
圧倒的な強さを見せた昨シーズンとは違った楽しさを覚えています。
ここまではリーグ戦首位、CLでもグループリーグ3連勝、DFBカップも勝ち上がりと結果は順調。
内容もそこそこ伴っていると思います。昨シーズン見られた盤石の守備は後退した気がしますが、
怪我人の多さとシステムの変更を考えれば、今はまだ発展途上中でしょうか。
点数をつければ80点。怪我人が戻ってきて、ベストメンバーがそろった時にどういうサッカーを
見せてくれるのか、楽しみで仕方ないですね。

個人的にはヴァイラウフやホイビュルクといった若手の成長も期待したいところです。
posted by イッチー at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

CL決勝ドルトムント対バイエルン

長年ドイツ代表とブンデスリーガとバイエルンを応援している私にとっては、まさに夢の決勝カード。
とにかく一秒たりとも見逃すまいと喰い入るように見ました。

前半30分位まではドルトムントペース。代名詞にもなったGプレス炸裂で、バイエルンは効果的にボールを前に運べません。逆にドルトムントは高い位置でボールを奪って、レバンドフスキ、ブワシュチコフスキ、ロイス等がシュートを放ちますが、ノイアーが尽くファインセーブ。余裕すら感じさせる姿に鳥肌が。
バイエルンはロングボールを多用して攻撃の糸口を掴み始める。リベリのクロスにマンジュキッチがドンピシャでヘディングシュートを放つも、バイデンフェラーが神セーブ。彼はこの後もファインセーブ連発で、MVP級の活躍でした。
この辺からバイエルンはチャンスを作り始め、ロッベンが3度程決定機を迎えるも、バイデンフェラー等の好守もあり決めきれず、前半終了。
後半も同じような流れで、ドルトムントの足がやや止まり始めた事もあり、バイエルンの方がチャンスを作る。そしてリベリ、ロッベンのコンビがチャンスを作り、ロッベンの折り返しをマンジュキッチが決め先制。
しかし、ドルトムントもロイスの突破をダンテがファウルで止めてPK。ギュンドアンが決め同点。
その後はバイエルンが押し込み、アラバ、シュバイ
ンシュタイガーのシュートはまたもバイデンフェラーが止め、ミュラーのシュートはスボティッチの魂のスライディングで防ぐ。この辺の流れは感動的
で鳥肌がまたもや。
延長かと思った89分、ボアテングのロングパスをリベリが流れながらピタリと足元で止めヒールパス。ロッベンがトップスピードでボールコントロール、フェイント入れてフンメルス等をかわし、バイデンフェラーの逆をつくゴロシュート。この時間帯、あのスピードでやりますか的プレイで、流石のバイデンフェラーもノーチャンス。ドルトムントはシーバー、シャヒンを入れるも時すでに遅し。シーバーのシュートもノイアーがしっかりキャッチ。
そして歓喜の瞬間。ロッベンやシュバインシュタイガーは思う所があるのだろう、地面に俯して泣いている様に見えた。昨年の決勝以来辛かっただろうね。バイエルン、本当におめでとう長い間待たされたけど、君たちの喜ぶ姿を見て救われました。ドルトムントも素晴らしかった。両チームとそのサポーターにビッグイアーをあげたい位素晴らしい決勝、素晴らしいフィナーレでした。

2013年03月16日

チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグベスト8組み合わせ

まずはドイツ勢全滅のヨーロッパリーグ
チェルシー(イングランド) 対 ルビン・カザン(ロシア)
トッテナム(イングランド) 対 バーゼル(スイス)
フェネルバフチェ(トルコ) 対 ラツィオ(イタリア)
ベンフィカ(ポルトガル) 対 ニューカッスル(イングランド)
いい感じにばらけましたね。
クローゼのいるラツィオに頑張って欲しい。
が、プレミアの何処かが優勝かなあ。

続いてチャンピオンズリーグ
マラガ(スペイン) 対 ボルシア・ドルトムント(ドイツ)
レアル・マドリー(スペイン) 対 ガラタサライ(トルコ)
パリ・サンジェルマン(フランス) 対 バルセロナ(スペイン)
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ) 対 ユヴェントス(イタリア)
我がバイエルンは嫌な相手に当たりました。
ガラタサライかマラガが良かったんですが。
ドルトムントは悪くない組み合わせ。似たもの同士、好ゲームが期待出来そう。
バルサ対PSGは注目ですな。
まあ、バルサかレアルだろうね。

2013年01月26日

ドルトムントが乗ってきた

ウインターブレイク明け、ドルトムントが連勝です。しかも5-0, 3-0と無失点快勝。
昨シーズンも後半戦の巻き返しで逆転優勝しましたが、果たして今シーズンはどうでしょう。
チャンピオンズリーグも勝ち残ってるので、どちらに重点置くのかがポイントになりそう。
バイエルン次第ではありますがね。
posted by イッチー at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

グァルディオラがバイエルンに

今更ながらグァルディオラが来季からバイエルンの監督になる事について私見を少々。

まずは、未だに信じられないです。バイエルンサポとしては嬉しいですが、やっぱり止めたなんてならないかと就任会見見るまでは安心出来ないです。

で、肝心のバイエルンにフィットするかなんですが、スタイル的にはバルサとバイエルンは似ていると思いますので、言われる程問題はないかと思うんです。言葉の問題はありますが、グァルディオラはドイツ語の勉強をすでに始めているらしいので、大丈夫かな?

ドリブル多用のロッベンやリベリとどう折り合うのかは不安ではありますし、ザマーらクラブ上層部との関係構築も気になるところです。
そして何より一年目から結果を求められますからね。
とにかくグァルディオラ就任が良い方向に行くことを願ってやみません。
posted by イッチー at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

ヨーロッパリーグ決勝トーナメント組み合わせ

ヨーロッパリーグ決勝トーナメント組み合わせが決まりました。ドイツ勢はなかなか厳しい組み合わせ。レヴァークーゼンはベンフィカ、ハノーファーはアンジ、ボルシアMGはラツィオ。好ゲームが期待出来ますが、何より勝ち抜いて欲しいものです。
ファーストレグは2月14日、セカンドレグは同21日に開催される。決勝トーナメント1回戦の対戦カードは以下のとおり。

BATE(ベラルーシ) 対 フェネルバフチェ(トルコ)
インテル(イタリア) 対 CFRクルージュ(ルーマニア)
レバンテ(スペイン) 対 オリンピアコス(ギリシャ)
ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア) 対 リヴァプール(イングランド)
ディナモ・キエフ(ウクライナ) 対 ボルドー(フランス)
レヴァークーゼン(ドイツ) 対 ベンフィカ(ポルトガル)
ニューカッスル(イングランド) 対 メタリスト(ウクライナ)
シュトゥットガルト(ドイツ) 対 ゲンク(ベルギー)
アトレティコ・マドリー(スペイン) 対 ルビン・カザン(ロシア)
アヤックス(オランダ) 対 ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)
バーゼル(スイス) 対 ドニプロ(ウクライナ)
アンジ・マハチカラ(ロシア) 対 ハノーファー(ドイツ)
スパルタ・プラハ(チェコ) 対 チェルシー(イングランド)
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ドイツ) 対 ラツィオ(イタリア)
トッテナム(イングランド) 対 リヨン(フランス)
ナポリ(イタリア) 対 ビクトリア・プルゼニ(チェコ)



gooリサーチモニターに登録!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。