みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2009年06月22日

世界王者イタリア敗退

コンフェデ杯イタリア対ブラジルは0-3でブラジルの完勝。イタリアは前半、ほとんど何もできなった気がします。イタリアのDFラインはエジプト戦からグロッソの代わりにドッセーナ(その彼が敗退の決め手となった3点目の自殺点を献上)。中盤にガットゥーゾの代わりにモントリーヴォ、FWはトニとカモラネージがロッシ、クアリラレッラに代わり先発。イタリアはこの試合勝利でないと準決勝進出が微妙になるだけに、勝ちに拘ったのかもしれないけど、まずはしっかり守備をしてカウンター狙いで良かったんじゃないかな。それだと、中盤にはモントリーヴォではなくて守備力の高いガットゥーゾ、FWはスピードのあるロッシあたりで良かった気がします。しかし、今大会でイタリアは明らかに落ち目(現メンバーに固執する限り)になっています。堅守も、鋭い速攻も見られませんでした。この雰囲気、86年ワールドカップを思い出します。王者として臨むものの、ほとんどノーインパクトで大会を去りました。リッピほどの名将、必ず立て直してくるとは思いますが、それにはモチベーションの高い若手が必要かと思いますが。(若手ではないけど、カッサーノの器用も考えてみては)
posted by イッチー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 各国代表&その他欧州リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121992434

この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。