みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2010年06月24日

ワールドカップ グループリーグ総括C&D

グループC:イングランドは期待はずれ。予選時に見せた組織に個の能力を織り交ぜたサッカーが影を潜めちゃいましたね。スロベニア戦では多少垣間見れましたが。上り調子ではあるようです。アメリカはいいサッカーをしながら結果が思うようにならないという感じでしたが、アルジェリア戦の勝利で勢いに乗りそうですね。コンフェデで見せたカウンターのレベルには達していない気はしますが。スロベニアには驚きました。アルジェリア戦を見て、これが世界一を決める大会の試合?という感想でしたが、アメリカ戦では緊張が解けたのか、なるほどねと思わせる試合を見せてくれました。ハンダノビッチは良いGKですね。彼がいなかったらと思わせるシーンが多くありました。
アルジェリアは、ノーインパクトでした。ボールは持てるけど、それだけという感じ。イングランドの不調で大混戦になったグループでした。
グループD:こちらは戦前の予想通りの大混戦。最終的にはドイツ1位、ガーナ2位。ドイツは総じてまずまずのサッカーをしていたと思います。バドシュトバーの左SB起用に疑問がわきますし、キースリングやクロースをもっと使って欲しいなどの要望はありますが、安定したサッカーをしています。ただ、トーナメントはかなり厳しいブロックに入ってしまいました。うーん、首位突破で良かったのか。
セルビアには失望。相変わらずムラのあるチームですね。ドイツ戦だけでしたね。ガーナはホームアドバンテージを受けたなという印象。そこそこ強いとは思うけど、PKでの2得点だけでしょう?ギャンも点取り屋というイメージではないしね。ただ、トーナメントは希望が持てるブロックに入っただけに、ドイツに負けながらも最後に笑ったのはガーナかな。このグループは審判に泣かされたと言う印象です。
posted by イッチー at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。