みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2010年07月11日

ワールドカップ ドイツ対ウルグアイ

その意義が問われる事の多い3位決定戦ですが、実は決勝よりプレッシャーがない?分、
好試合が多いのも事実だと思います。
で、ご多分にもれず、ドイツ対ウルグアイもオープンな試合で好ゲームでした。
ウルグアイはスアレスが復帰。状態が心配されたフォルランも出場(良かった)。
カバーニも先発なので、3トップ気味でやる気を感じる。
一方のドイツはクローゼ、ラームが欠場。ポドルスキーも風邪で欠場だが、個人的には
彼のプレイの雑さが気になるのでOK。で、代わりはヤンセンには、ちょっとガッカリ。
マリンは使ってもらえなかったか。アオゴが左SB、カカウがワントップと勤める(キース
リングじゃないのか、残念)。ミュラーは元気に先発復帰です。
試合は序盤からドイツがペースを握るも、ウルグアイもそれは想定内。得意のカウンターを
発動。期待できる立ち上がり。前半、シュバのミドルをGKはじき、ミュラーがつめて先制。
これで5点目(得点王の期待も)。ウルグアイもシュバからボールを奪い、速攻からカバーニが得点、見事です。前半1-1。後半は開始早々にフォルランの見事なボレーが決まり、ウルグアイが勝ち越し(素晴らしい。彼にも得点王の期待が)。しかし、ドイツはヤンセンが空いて守備陣の交錯から、こぼれてきたボールをヘディングで同点。その後も攻め合い、面白い試合。(なぜ、民放やNHKは放送しないんだ。やはりサッカー見るならスカパーなのでしょうか。ネットは画像が・・・)
延長の期待も高まってきたが、ドイツは後半37分にケディラがヘディングで勝ち越し。(かつてのドイツを彷彿とさせる得点パターン)
ロスタイム終了間際のフォルランの素晴らしいフリーキックはバーに阻まれタイムアップ。
ドイツが2大会連続で3位となりました。
両チームともモチベーションを切らさず、素晴らしい戦いを見せてくれました。
最後にスペイン戦の敗戦を忘れさせてくれる試合を見せたドイツ代表。
クローゼ、ラームがいない中での勝利は勝ちあります。
また、強固な守備、精度の高いカウンターで勝ち上がってきたウルグアイも素晴らしかった
です。さて、決勝がこの試合を上回るような内容になるのか、楽しみです。
posted by イッチー at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。