みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2010年07月12日

ワールドカップ決勝 オランダ対スペイン

ここまでの全勝のオランダと初戦を落としながらも勝ち上がってきた欧州王者スペインの新鮮な組み合わせの決勝戦。
共にメンバーは不動。スペインは準決でもいい動きを見せていたペドロが先発。
予想通りスペインはパスを回し、オランダがプレスをかけて奪って速攻という感じ。
オランダはドイツの敗因を冷静に分析したのでしょうか、センターサークル付近から
プレスをかけてました。必ずボール保持者にプレス、かわされても自分の担当エリア内
は追いかける。そして、そこに第二の守備者が待ち受ける。ドイツはただ、引いていた
だけでした。(そこが本当に悔やまれる)
しかし、それでもチャンスを作るスペインは流石です。オランダの方も効果的にカウンター
を発動し、決定機を作る辺りは流石です。特にロッベンの1対1は決めておきたかった。
オランダはDF陣が全員イエローをもらい、後半激しくいけなくなったため、スペインは主導権
を握ったかのように見えました。セスクの1対1はビックチャンスでしたが、ステケレンブルグのファインセーブ。イニエスタにもチャンスはありましたね。
そして延長。オランダはやはりファンペルシーの不調が痛い。今大会の彼は点が取れる雰囲気がありませんでしたね。また、交代で入ったエリアとファンデルファールトも機能していなかった。スペインのセスクとナバスが効果的な働きをしていただけに、この辺の差が勝敗を分けた感はあります。イニエスタのシュートは見事でした。キーパーは手に当てたものの、ノーチャンスでしたね。総合的には、やはりスペインは優勝に値するチームでした。
初戦に負け、しかも日程的に一番きついグループHから勝ちあがり、そして欧州大陸以外の大会で見事に初優勝。初物尽くしの今大会を締めくくるに相応しい優勝だったと思います。
posted by イッチー at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。