みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2010年10月19日

アストン・ヴィラ対チェルシー

プレミアリーグ8節で個人的に注目していたヴィラ対チェルシーは両チームともに
一歩も譲らずのスコアレスドロー。
チェルシーはドログバ、カルー、ランパード、アレックスが欠場。ヴィラは
アグボンラホール不在ですが、ベストメンバーですかね。
立ち上がりはヴィラが良い入り方をしました。アイルランドの決定機は決めておくべき
でした。カリューのシュートは角度が無かったですかね。左で打っても良かったかと。
この立ち上がりを絶好機を逃してしまったヴィラは2人のCMFを中心に守備が組織的で
チェルシーはなかなか崩せませんでした。CBダンが負傷退場になった時はどうなるかと
思いましたが、守備ブロックは崩れませんでした。やはりエース2枚を欠いたのは痛い。
しかし、後半にジルコフを左に入れ、右にマルダを持ってくると流れが変わります。
前線が流動的になり、ヴィラが相手を捕まえきれなくなってきました。ヴィラはカリュー
を下げてデルフォンソを投入しますが、目だった効果は無かったような気がします。
逆にPフェレイラに替えてボシングワが入ると、両サイドの攻撃のバランスが良くなり、
決定機も生まれました。アネルカのヘディングは叩き付けすぎてバーに阻まれました。
一方のヴィラもアイルランドからシドウェルに交代。そして終了間際にレオ・コーカーが
決定的なチャンスを外してホイッスル。
ヴィラは勝てた試合でしたね。カリューの交代がデルフォンソというのは、ちょっと弱い
かも。一方のチェルシーは主力不在ながらも、アウェーでしっかり勝ち点を取る辺りは
流石です。ライバルのマンUやリバプールに陰りが見えているので、マークすべきはシティ
、アーセナル、スパーズになるでしょうか。
posted by イッチー at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166225318

この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。