みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2010年11月02日

レアルマドリー、上昇気流に乗ったかな

レアルマドリーがアウェーで大物食いのエルクレスと対戦。
開始早々、トレゼゲに得点される嫌な展開。
エルクレスの守備は非常に整っていて、カウンター時のお約束事も
しっかり守られているようで、なぜ大物食いが出来るのか納得。
レアルの攻撃は流動的というよりは各自が自分のポジションをしっかり
こなすという感じでエルクレスも守りやすかったのかも。
ただ、後半開始早々にディ・マリアに同点に追いつかれてからはレアルの
ペースでした。後半から前線の4人の動きが流動的になって、エルクレスの
守備陣が相手を捕まえきれなくなってきている感がありました。
そして、ベンゼマの投入でレアルが勝ち越します。フィットしていないと
放出の噂もありますが、この日はアシストも出来るCFの本領発揮でした。
勝ち越すとDF2枚を入れてバランスをしっかり修正するあたりは、流石
モウリーニョ監督。ケディラがCBをやったり、エジルがシャビ・アロンソと
センターをこなしたりと、ドイツ代表の2人もプレーの幅が広がっている事が
確認出来て嬉しかった。
ロナウドはここにきてギアが1段階上がったのかな。
カウンター食らったときの守備が改善されれば、穴がなくなるかも。
CLのミラン戦やクラシコが楽しみです。
posted by イッチー at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガエスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。