みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2011年05月29日

チャンピオンズリーグ決勝 バルサ対マンU

結論から言うと、バルサの快勝。2年前ほどでは無いにせよ、
バルサが圧倒したという印象です。
前半はマンUが高い位置からプレスをかけ、ボールを取ったら
中盤省略のロングボールで素早く前線に送る作戦が功を奏して
いました。
ペドロにバルサらしいゴールで先制されるも、ルーニーがすぐ
さま取りかえした時は、ひょっとしたらと期待しました。
しかし、後半は試合前の予想通りバルサのパスワークの前に
プレスが無力となり、攻めの糸口さえつかめない時間が続き
ました。
終了近くにマンUもチャンスが若干ありましたが、すでに時
遅しの感がありました。

個人的に疑問に思ったのは、前半開始時に見せたサッカーを
するなら、中盤センターの組み合わせはギグス&キャリック
よりはギグスorスコールズ&フレッチャーだったのではないか
と。キャリックはほとんど機能していなかった気がします。
ギグスもルーニーのゴールのアシストはしたものの、これ以外
では存在感を感じる事がなかった。
パクの運動量だけが目立つ中盤でしたね。ただ、そのパクも
走らされてる感はありましたが。そのためバランスが崩れて
ピンチを招いているような気もしました。

バルサの得点はどれもビューティフルゴールでした。
特にビジャの3点目は綺麗でした。
来シーズンもこのバルサをどこが止めるのかが注目の一つに
なりそうです。

それがバイエルンや他のブンデス勢だと嬉しいんですけどね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/205594415

この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。