みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2012年05月20日

CL決勝バイエルン対チェルシー

選手やないけど悔しいです。
展開は大方の予想どおりバイエルンが攻めて、チェルシーがカウンターを狙うパターン。ただ、ティモシュクが非常に頑張ってて、ドログバを抑えるサプライズ。バイエルンはシュートチャンスがあるものの、ゴメスの相変わらずの外しっぷりとチェフの好守で点が入らない嫌な展開。チェルシーはゴール前をしっかり固め、ボール支配されている割に、バイエルンの圧倒的という感じがしない。時折繰り出すカウンターは流石で、バイエルンの守備がいつ破られてもおかしくない雰囲気。しかし、ようやくクロースのクロスをミュラーがヘッドで決めて待望の先制点。残り10分、バンブイテン入れて守備固めと思いきや、チェルシー最初のコーナーでドログバが見事なヘッド。彼自身最初のシュートが得点とは、ゴメスと格の違いを見せつける。延長に入り、リベリがドログバに引っ掛けられPK。なんとロッベンがキッカーで、案の定止められる。おまけにリベリが負傷交代。しかもオリッチを入れるのは良いが、サイドにそのまま入れる疑問の采配。私ならゴメスと縦の関係にして、シュバを開かせるか、ラフィーニャを右に入れて、ロッベンを左に回すな。恐らくハインケスはセカンドプランを持ち合わせていないんだろうな。これが彼の限界。延長はチェルシーが押し返し、トーレスの所から何度かチャンスを作られるが、ラームの絶妙なポジ取りもあり、事無きを得る。そしてPK戦。マタをノイヤーが止め、イケると思ったがオリッチが止められる。左ききは止められる事が多いというのが私の個人的な印象だが、彼も左ききだった。そしてシュバかポストに当て万事休す。チェルシー悲願の初戴冠。ドログバ、ランパード、コール、チェフは流石でした。終始落ち着いてて、余裕さえ感じられました。トーレス、マルダ、エッシェン辺りがベンチに控えている点はバイエルンとの選手層の違いを見せつけました。強いという印象をチェルシーには感じないのですが、それでも勝つあたりが、経験なんでしょうか。さて、バイエルンは来シーズンどういう体制で行くのか。現状継続もありとは思いますが、限界が見えた気もします。ゴメスをベンチに追いやるFW、中央で変化をつけれるクラック、ラームレベルのサイドバック、複数の戦術オプションを持てる監督が必要と個人的に思った決勝でした。チェルシーおめでとう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270720350

この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。