みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2012年06月12日

ユーロ2012グループD初戦を終えて

グループDは予想外のスタートとなりました。
開催国ウクライナは、グループ最弱と思ってましたが、スウェーデンに逆転勝ち。終わった人と思っていたシェフチェンコが見事2ゴール。内容も勝利に値するものでした。かつてのソ連を見ている様な錯覚を覚えました。残り2試合を引き分けでも上がれそうな展開になってきました。
イングランドは、固いサッカーですね。ルーニーが戻ってきても劇的に変わるとは思えませんが、残り2試合の入り方に注目です。ホッジソンだから魅力的サッカーは期待出来ないでしょうが。
フランスは、右のドビュシーを使わない理由が知りたい。ナスリのファインゴールはともかく、前の3人の自慰的パス回しに終始するようだとマズイですよ。ジルーやベンアルファを先発で使ってみても面白いのでは。自力はグループ最強だと思います。
スウェーデンは俄然苦しくなりました。かつての堅守のイメージからは遠いですね。イブラは流石ですし、中盤も悪くないのですがね。フランスと共に勝ち抜け有力と見ていたのですが、全敗の目も出てきました。
フランスとウクライナでしょうかね。
posted by イッチー at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。