みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2013年05月27日

CL決勝ドルトムント対バイエルン

長年ドイツ代表とブンデスリーガとバイエルンを応援している私にとっては、まさに夢の決勝カード。
とにかく一秒たりとも見逃すまいと喰い入るように見ました。

前半30分位まではドルトムントペース。代名詞にもなったGプレス炸裂で、バイエルンは効果的にボールを前に運べません。逆にドルトムントは高い位置でボールを奪って、レバンドフスキ、ブワシュチコフスキ、ロイス等がシュートを放ちますが、ノイアーが尽くファインセーブ。余裕すら感じさせる姿に鳥肌が。
バイエルンはロングボールを多用して攻撃の糸口を掴み始める。リベリのクロスにマンジュキッチがドンピシャでヘディングシュートを放つも、バイデンフェラーが神セーブ。彼はこの後もファインセーブ連発で、MVP級の活躍でした。
この辺からバイエルンはチャンスを作り始め、ロッベンが3度程決定機を迎えるも、バイデンフェラー等の好守もあり決めきれず、前半終了。
後半も同じような流れで、ドルトムントの足がやや止まり始めた事もあり、バイエルンの方がチャンスを作る。そしてリベリ、ロッベンのコンビがチャンスを作り、ロッベンの折り返しをマンジュキッチが決め先制。
しかし、ドルトムントもロイスの突破をダンテがファウルで止めてPK。ギュンドアンが決め同点。
その後はバイエルンが押し込み、アラバ、シュバイ
ンシュタイガーのシュートはまたもバイデンフェラーが止め、ミュラーのシュートはスボティッチの魂のスライディングで防ぐ。この辺の流れは感動的
で鳥肌がまたもや。
延長かと思った89分、ボアテングのロングパスをリベリが流れながらピタリと足元で止めヒールパス。ロッベンがトップスピードでボールコントロール、フェイント入れてフンメルス等をかわし、バイデンフェラーの逆をつくゴロシュート。この時間帯、あのスピードでやりますか的プレイで、流石のバイデンフェラーもノーチャンス。ドルトムントはシーバー、シャヒンを入れるも時すでに遅し。シーバーのシュートもノイアーがしっかりキャッチ。
そして歓喜の瞬間。ロッベンやシュバインシュタイガーは思う所があるのだろう、地面に俯して泣いている様に見えた。昨年の決勝以来辛かっただろうね。バイエルン、本当におめでとう長い間待たされたけど、君たちの喜ぶ姿を見て救われました。ドルトムントも素晴らしかった。両チームとそのサポーターにビッグイアーをあげたい位素晴らしい決勝、素晴らしいフィナーレでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364084500

この記事へのトラックバック
gooリサーチモニターに登録!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。