みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2011年09月30日

ドイツ勢EL第2節

シャルケ、ハノーファー共に見事勝利。シャルケは今の所監督辞任の影響は見られませんね。むしろフラード等不遇だった選手にも出場機会ができて良い感じです。ハノーファーは薄い選手層で良くやっていると思います。コナンが昨シーズンのような調子になってくれば、突破の確率も上がるでしょう。
posted by イッチー at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

ドイツ勢CL2試合を終えて

バイエルンは死のグループに入りましたが、連勝と流石の結果。内容も良いです。怖いのは怪我位でしょうか。特にリベリ。レバクーはバレンシアとの2試合がポイントですね。突破の可能性は40%でしょうか。ドルトムントは早くも崖っぷち。内容が悪いです。シャヒン、バリオスの代役が居ません。補強のミスが響いてます。突破は30%かな。
posted by イッチー at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

WBC日本2連覇!イチロー、松坂もいいけど

今回、サッカーを離れて野球について。日本、おめでとうございます。で、MVPですが、やっぱり市川、青木、岩隈でしょう。しかし、何故、韓国は満塁策を取らなかったのか?確かにノーアウトだったと思うし、塁を埋めるのは嫌ではありますが。やはり清原の言うように、逃げて勝つより、勝負して勝という気持ちだったのか。ベンチはサインミスとのことだが、敢えて選手が無視したのかもしれない。何しろ、イチローは第1回大会の侮辱発言した丁本人でしたからね。だとすれば、敵ながら天晴れ!確かに勝敗にこだわるべきという意見もあるけど、一流のアスリートにはそれを超越した何かがあるんでしょうね。ところで今回のWBC、世界中のどの位の人が興味を持っていたのか?日本、韓国、キューバなどは国を挙げて臨んでいる感じでしたが、他国は?。そもそもメジャー選手の多くが今回も辞退していて、国によって温度差が大きすぎる気がしますね。それと野球は世界ではマイナースポーツなんですよ。もっと先進国を自負されている国は自国の利益だけでなく、その普及に努めるべきだと思うのですが、皆さんはどう思われます。
正直、現状のままなら継続する価値は無いと思うのですが、
posted by イッチー at 12:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

トヨタカップの報道

ロナウドが凄いのは分かる。彼は確かに凄いし、子供たちの憧れだ。でも、マンチェスター・ユナイテッドはロナウドだけじゃないぞ。前回はミランのカカばっかりクローズアップされてて、某民法の特集番組のインタビューでピルロとカカを呼んでおきながら、話題はカカばかり。あまりに失礼だろう。ピルロ程の選手を無視するとは。ミーハーなアナウンサーや芸能人のコメントや態度を見ていると反吐がでるよ。今回もロナウドばかり。ルーニーやテベス、ファーディナンドやキャリック、そしてマンUを長年支えてきたギッグス、スコールズ、ネヴィル。素晴らしい選手が多くいるのに、ほとんど触れない。マンU以外のチームもガンバ以外ほとんど触れない。日本でこの大会やる資格ないよ。ちったあ勉強しろアホ放送局のアホスタッフども。
posted by イッチー at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

最近忙しくて書けない・・・

最近、仕事が忙しくて、なかなか書けません。書けても内容が乏しい。しかし、重なる時は本当に重なるんだなあ、仕事も飲み会も不幸も。幸せな事は続かないが。
バイエルンが5連勝とようやく調子を取り戻してきました。首位と勝ち点1差の3位に浮上。
セリエAはインテル、プレミアはチェルシー、リーガはバルサ、リーグ1はリヨンと常連の顔がずらり。それに比べればブンデスのレバークーゼン首位はリーグを面白くしていると思います。あ、でもセリエも先日まではウディネーゼが首位だった。この辺の中堅クラブが頑張ってくれるとリーグも盛り上がります。
posted by イッチー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

間違いでしたね

下の記事、FIFAじゃなくて、FIFproでした。プロ選手が選ぶ最優秀選手ですね。
この勢いで、バロンドールも獲得するかな。
posted by イッチー at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

近くの川でハゼが

今日はサッカーとは、関係ない話題です。
息子と散歩で、近くの海岸まで歩いていると一人の親父さんが魚釣りをしてました。「釣れてますか?」と尋ねてみると、「いっぱい釣れとるよ」と明るい返事。息子と降りて、バケツの中を見せてもらうとハゼが30匹ほど。場所は河口。小さい川なのですが、ハゼやらコダイやら河豚やらが沢山釣れるそうです。お話している最中にも、次から次への釣り上げてます。何でも、3時間ほどで60匹釣った事もあるそうだとか。息子も釣りに興味がわいたらしく、「やりたい、やりたい」とせがんできます。という訳で、今度釣具を買うことになりました。「サッカーやりたい」とこの前まで言ってたくせに。
ハゼを沢山釣ったら、ご飯のおかずにハゼの唐揚げを作ろうかと思います。
次回はUEFA1回戦の事を語りたいと思います。
posted by イッチー at 11:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

THE GOAL2

先日、購入後放置していた「ザ・ゴール2」のDVDを見ました。主人公がプレミアリーグのニューキャッスルからスペインのレアル・マドリードに移籍する所から話が始まります。第1作目よりも、サッカー以外の比重が高くなっていて、結婚、浮気、親子と言ったテーマがクローズアップされてまいた。人間ドラマとしてもそれなりに楽しめますが、個人的にはコテコテのサッカー映画にして欲しかった。本物サッカー選手も多数画面に出てきますので、サッカー好きの人は、誰が出ているか探すだけでも面白いと思いますよ。

第3段は代表関連らしいです。中田もこれに出てるのかな。
posted by イッチー at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

再開!

長い間、育児と仕事に追われて、書く暇がありませんでしたが、少し落ち着いてきたので、再開する事にしました。

ヨーロッパサッカーはチャンピオンズリーグ、UEFAカップ共、決勝トーナメントがスタートして、ますます面白くなってきました。

個人的に応援しているドイツ勢は、チャンピオンズでは第1戦をシャルケが制し、UEFAではニュールンベルグを除く全チームが1回戦勝ち抜け決定。ニュールンベルグは惜しかった。まさか、ラスト2分で追いつかれるとは。サッカーの面白さと怖さを改めて思い知った試合でした。
posted by イッチー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

謹賀新年

しばらく書き込みしてませんでしたが、今年は継続する事を最大の目標にしてやっていきたいと思います。

2007年、サッカー界はどんな年になるんだろうか?クラブレベルで言うと、超ビッククラブとそれ以下との格差が更に広がり、破産するクラブも多くなりそうな気がします(3大リーグ以外で)。

放映権料も上がるが、クラブの維持コストも上がり、有力選手を獲得できるのは一部のクラブだけ。これがサッカー界にとって良いか悪いかは、まだ分かりませんが。

ブンデスの話題を一つ。アーヘンのドイツ代表FWシュラウドラフが今シーズン終了後にバイエルンに移籍するそうです。買い殺すようなことだけは止めて下さいね、バイエルン。という事は、ピサロ(ペルー代表)かサンタクルス(パラグアイ代表)が出て行くんでしょうかね。
posted by イッチー at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

UEFAカップ決勝

スペインのセビーリャがイングランドのミドルスブラに4-0で快勝し、初優勝しました。http://jp.uefa.com/competitions/UEFACup/FixturesResults/Round=2214/match=84102/Report=RP.html
もう少し競った試合になるかと思いましたが、スコアから見ればセビーリャの圧勝でしたね。ヴィドゥカ(オーストラリア代表)が決定期で決めていれば、試合の流れも変わっていたかもしれませんね。彼にとって、これが尾を引いて、W杯に影響しなければいいですが。日本代表にとってはいい事なのかな。しかし、セビーリャは勝ち上がるほどに強くなりましたね。セビーリャに善戦したマインツ(ドイツ)は、今思えば本当に良くやりましたよ。先制点を挙げたL・ファビアーノ(ブラジル代表)が代表ではベンチにも入れないかもしれないところがブラジルの凄さですね。残すところはチャンピオンズの決勝のみ。楽しみです。
posted by イッチー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

バラックの後継者

GWも終わりました。憂鬱です。さて、バイエルンが欧州制覇するためのポイント第二弾、バラックの後継者をどうするかです。本音を言うと、バイエルンが欧州王者になる可能性は、近年では今年が一番高かったかもしれません。しかし、それでもミラン(イタリア)に完敗。つまり、これまでのチーム戦略では欧州王者になるのは難しいという事です。たしかに、2年前のポルト(ポルトガル)の例はあり、金かけて補強したら言いと言う訳ではありませんが、選手の質は大事です。個の力で局面を打開できる選手が。戦術や闘争心などは高いレベルで備わっていて当然。そうでなければ欧州王者に挑戦する資格なしです。本題に入りましょう。ドス・サントス(パラグアイ代表)はいい選手です。早く使ってやればと思います。でも、即バラックの後継という訳にはいかないでしょう。カリミ(イラン代表)も上手いですが、欧州レベルとなると線が細い気がします。どちらもテクニシャンですが、ドイツ流をごり押しする感のあるブンデスですから、その才能が埋もれてしまうかもしれません。マガトなら、ロナウジーニョ(ブラジル代表)を獲得してもやり方を変えないかも。理想を言うとジェラード(イングランド代表)かセスク(スペイン代表)がいいと思うんですが、両方とも無理でしょうね。思い切ってリベリ(フランス代表)はどうでしょう。未来のジダンを作りましょう。あっ、でもそれならドス・サントスでもいいか。やはり、難しいですねえ、割安でバラックの後継者を即獲得するのは。
posted by イッチー at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

バイエルン欧州制覇のための補強策

今シーズンも残りあと僅か。各国リーグも優勝チームが確定してきて、話題の中心はW杯と来シーズンの動向になってきてますね。さて、今シーズンも欧州制覇はならなかったバイエルン。国内では地位を確立してますが、どうも欧州の舞台では今ひとつ。そこで、来シーズン、バイエルンが欧州制覇を達成するための補強案を独断で述べたいと思います。ポイントは3つ。絶対的なエースストライカーの確保、バラックの後継者の補強、ワールドクラスのサイドバック&センターバックです。まずはエースストライカーの点ですが、マカーイ(オランダ代表)、ピサーロ(ペルー代表)のコンビはそこそこの能力はありますが、欧州の舞台ではちと厳しい。やはりアンリ(フラン代表)やエトー(カメルーン代表)のような絶対的なエースが欲しいところです。アグエロ(アルゼンチン代表)の獲得に名乗りを挙げているようですが、渋ちんバイエルンは他のビッククラブの後塵を拝する可能性が大。ポドルスキー(ドイツ代表)も将来は分かりませんが、今のレベルでは欧州の舞台では厳しいでしょう。即戦力で、ワールドクラスのFWなんてそうはいませんが、ここは金を出してアドリアーノ(ブラジル代表)を獲りましょう。それがだめなら、テベス(アルゼンチン代表)かマンUで干されている感のあるファンニステルローイ(オランダ代表)辺りはいいんじゃないでしょうか。正直、このクラスの選手を獲らないと欧州制覇は無理でしょう。健全経営もいいですが、堅実さだけではどんな組織も成長しませんよ、へーネスさん!次回はバラックの後継者について書き込みたいと思います。
posted by イッチー at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

ドイツカップ決勝

イヤー、実に退屈な決勝でした。FAカップやスペイン国王杯ほどの権威はないのかもしれないけど、選手達にやる気が見えなかった。特にバラック。コンディションが悪いのか、動きが少なく、攻守に制裁を欠いていました。確かに勝つことは大事。でも、ドイツの選手みんなが結果OKの意識でサッカーしてたら、この先向上はないでしょう。バルサの選手の爪の垢でも飲ませたい。それ以上にフランクフルトのダラダラサッカーに吐き気を覚えました。実力で劣ってるんだから、せめて気持ちだけでも戦えよ。勝つ気がないなら試合をするなと言いたい。負けてヘラヘラしてるとはどういう事?プロとしての意識の低さが伺えます。決勝までこれて満足かい?それなら、そこまでの選手、チームにしかなんないよ。こんな試合してるから、ドイツサッカーは退屈、ヘボ、ツマンナイなどといわれるんです。本当に、時間を返して欲しい。
posted by イッチー at 12:33| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

バルサ決勝進出

バルセロナがミランと引き分けて、決勝進出。ゴールがなかったのは残念ではありますが、予想兼希望通りの決勝カードとなりました。
http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=2204/match=1107457/Report=RP.html
アーセナルとバルサ、サッカーファンが待ち望んだカードじゃないでしょうか。共に攻撃サッカーを信条とし、見ている人が楽しくなければサッカーじゃないという価値観を持っているチーム。今シーズンのアーセナルは守備力がクローズアップされてますが、元々は攻撃型のチーム。ぜひ、決勝は昨年のように点の取り合いを期待したいです。そして、勝つのは・・・アーセナル。
posted by イッチー at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

CL:アーセナル決勝進出

見事、アーセナル(イングランド)が決勝進出を果たしました。予想当り!
それにしてもアーセナルのDFっていつからこんなに固くなったんでしょう。去年のリバプールのようにリーグでは今ひとつなんだけど、CLでは良いというのはどういうことなんでしょう?これまで、華麗な攻撃がクローズアップされる事が多かったアーセナルですが、今年は守りのチームにモデルチェンジしたんすかね?それにしてもビジャレアル(スペイン)は再三のチャンスをモノに出来ず、勝てた試合を落としたという感じでしょうか?さて、相手はバルサ?それともミラン?http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060426-00000014-jij-spo.html
posted by イッチー at 12:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

ブンデスリーガ:ハンブルグ、痛恨の敗北

優勝の僅かながら望みがあったハンブルグとブレーメンですが、ハンブルグはホームでレバークーゼンに敗北。ブレーメンはシャルケとドロー。首位バイエルンが引き分けただけに、勝ち点を詰める絶好の機会を逃しちゃいました。残り3試合で勝ち点差は5.バイエルンが連敗し、ハンブルグが連勝すれば逆転も可能ですが、ハンブルグの連勝はまだしも、バイエルンが連敗する可能性はないに等しいでしょうねえ。実質、バイエルンの優勝で決まりましたかね。それにしても、バイエルンの来シーズンはどうなるんでしょう?バラック(ドイツ代表)、ゼ・ロベルト(ブラジル代表)、リザラズ(元フランス代表)の退団はほぼ決定。ダイスラーやゲルリッツ(共にドイツ代表)の復帰も未定ですし、ブンデスリーガはまだしも、チャンピオンズの制覇などは、現状では夢のまた夢じゃないでしょうか。ハンブルグもFWに決定力のある選手を補強しないとヨーロッパの舞台では通用しないでしょうしね。
ドイツ勢の欧州制覇は、いつになるやら。
posted by イッチー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

アーセナル行けるか?

イングランドのアーセナルがスペインのビジャレアルをホームで1-0で下した。またもや無失点。若いDF陣だけど、日に日に逞しくなっている気がしますね。どこぞの開催国のDF陣とは大違い。若さを不安定の理由にしてはいけない事が証明されている訳です。さて、アーセナル、決勝に進めるでしょうか?ビジャレアルはDF陣に負傷者を抱えているため、第二戦のホームも思い切って攻撃的になれないかもしれませんね。アウェーゴールを先に取られてたら絶望的ですから。しかし、引いてしまうと、そこはアーセナル。華麗な攻撃で点を奪ってしまうでしょう。第1戦は沈黙しましたが、アンリ(フランス代表)は得点の香りをぷんぷんさせてます。そして、僕の好きなプレイヤーの一人、ベルカンプ(元オランダ代表)が、ここぞという所でベテランの味を出してくれそうな気がします。ずばり、アーセナルは決勝にいくでしょう。そして、バルサとの華麗な攻撃サッカーの共演が決勝で見られると予想します。
posted by イッチー at 22:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

ミラン対バルサ

いやー、予想は見事に外れちゃいました。バルサが1点を取る、しかもロナウジーニョ(ブラジル代表)がらみでと言うのは当ったんですが。http://jp.uefa.com/competitions/UCL/FixturesResults/Round=2204/match=1107456/Report=RP.html
しかし、ミランも決定機はいくつかありましたしね。ジラルディーノ(イタリア代表)のシュートは本当に惜しかった。やはりインザーギ(イタリア代表)の欠場が惜しまれます。これで、バルサが優位になりましたね。次回はデコ(ポルトガル代表)も戻ってくるし、なんと言ってもホーム。ただ、ミランの底力はこんなもんじゃないはず。バルサがドロー狙いにいくとも思えないし、2NDレグも本当に楽しみ。予想は2-2でバルサの勝ち抜き。
posted by イッチー at 12:21| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

注目の1戦 ミラン対バルセロナ

今晩、ついにチャンピオンズリーグ準決勝1STレグがありますね。ミラン対バルサという、これまた最高の組み合わせ。今晩の試合を個人的に予想してみます。まず、ミランですが、これと言った問題はなさそうですね。インザーギが欠場するのは痛いですが、カカ(ブラジル代表)、シードルフ(オランダ代表)、ピルロ(イタリア代表)と3人のプレイメーカーがいるのは心強い。しかも、控えには僕の大好きなルイ・コスタがいるんですから。バルサはロナウジーニョ(ブラジル代表)が戻ってきたのは、何よりも好材料。しかし、メッシ(アルゼンチン代表)、デコ(ポルトガル代表)、ラーション(スウェーデン代表)が欠場。うーん、これはちょっと痛い。前が薄くなった感は否めません。エトー(カメルーン代表)のスピードは、ベテラン揃いのミランDFにとっては脅威でしょうが、パスの出所を抑えられれば問題ないでしょう。ロナウジーニョにはガットゥーゾ(イタリア代表)がピッタリマークでしょうかね。カフーとのブラジル代表同士のマッチアップも見逃せません。ボールポゼッションは50:50か、ややミラン優勢。ミランが2点を取るも、ロナウジーニョの個人技から1点を返して、2-1で終了すると予想します。さて、どうなるやら、胸がワクワクです。
posted by イッチー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
gooリサーチモニターに登録!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。