みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2009年09月07日

ドイツ代表対南アフリカ 収穫は?

ドイツ代表が来年のW杯開催国南アフリカを迎えての親善試合。結果は2-0で勝利。ゴメスとエジルのゴール。収穫の一つはエジル。エジルは貫録がついてきましたね。攻撃に変化をつける事が出来る数少ない選手。このまま長所を伸ばして順調に成長して欲しい。ゴメスも代表ではさっぱりだけど、得点した事は彼自身の自信回復につながるかな。マリンはどうもデビュー戦が良すぎて、その後がパッとしない印象。現時点ではジョーカー的な役割が妥当なような。むしろフリングスの後継者としてケディラが台頭してきたことの意義は大きい。動けて、ボールも運べて、ゴールもできる。ドイツファン以外は知らんだろうが、来年の本大会で衝撃の世界デビューを果たすのは彼かも。(でも、ミーハーな日本のマスコミは取り上げないだろうな。)DFに関してはアドラーがファインセーブを連発したことぐらいだろうか。タスチはまずまず。ヴェスターマンは中央よりサイドもしくは中盤で使った方がいい気がします。やはり、守備ブロックには改善の余地大あり。あとはレーブの人選&采配が最大の不安かな。
posted by イッチー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

バイエルンの悩みは続きます

バイエルン唯一のワールドクラス、リベリの残留に加えて、ロッベンという新たなワールドクラスが加わり反撃体制は整ったと思いたいのですが、ファンの不安は続きそうです。
リベリが監督と合わないと公言したようです。

まあ、予想はされていたことでした。ファンハールは良くも悪くも威圧的で仕切り屋。システマティックで何でも管理したがるタイプ。バルサでもリバウドらスター選手とはぶつかってました。彼が成果を出したのは若手中心のアヤックスや大した実績もなかったAZ。所謂、自分の言う事を何でも聞く選手、環境だった時だけ。
さて、これからのバイエルン。内紛勃発でガタガタなんて事にならなければ良いですが。
posted by イッチー at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

バイエルン、未だ勝利なし

ブンデスリーガ第3節、バイエルンはアウェーでマインツ2-1で敗れました。まだ3試合とはいえ、未だ勝ち星なしの勝ち点2の14位。誰も予想していなかった状況です。バイエルンのスタメンは下記。
GK 1 ミヒャエル・レンシング
DF 4 エドソン・ブラーフハイト
DF 5 ダニエル・ファン・バイテン
DF 21 フィリップ・ラーム
DF 28 ホルガー・バットステューバー
MF 8 ハミト・アルティントップ
MF 23 ダニエル・プラニッチ
MF 31 バスティアン・シュヴァインシュタイガー
MF 44 アナトリ・ティモシュチュク
FW 18 ミロスラフ・クローゼ
FW 33 マリオ・ゴメス
この試合では前半のうちにハミトとプラニッチが交代させられる始末。全く機能していない新システム。選手が監督のやろうとしている事を理解していない気がします。動きがチグハグで、戸惑っている様子さえ感じます。リベリがいないとかそういう問題以前ですね。ライバルチームにしてみれば今のうちにバイエルンとやりたいでしょうね。
posted by イッチー at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

バイエルンの懸念

リーガ開幕に続き、ホーム開幕でもブレーメン相手にドロー。この試合でポジティブな話題はリベリの復活くらいか。そのリベリには未だに移籍の噂が絶えない。リベリ以外に違いを作れる選手がいないのが懸念材料その1.ファンハールのサッカーが馴染むのにはもう暫く時間がかかりそう。恐らく、ブンデスでファンハール程システマチックなサッカーを目指す監督っていないと思う。敢えて挙げるとすれば、ハンブルグのラバディアとヘルタのファーブルくらいか。選手との衝突もしょっちゅうある監督だけに、監督自身が懸念材料その2。そして、起用を巡って内紛が起きるかもしれない事が懸念材料その3.リーグ戦2試合で早くも全勝はシャルケとヴォルフスブルグの2チームだけ。今シーズンも混戦の様相を呈してきたが、この懸念が懸念のままで終わればいいが。
posted by イッチー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

レアルはまだリベリを狙っている

レアルがリベリを今期中に獲得したいという事でロッベン&スナイデル+40億とトレードを提案したとの事。まだ諦めてなかったのか、強欲ペレス。どのみち、来季はレアルに移籍するのは既定路線等と報道されていたが、何が起こるか分からないのがサッカービジネスと言う事を当のペレスは熟知しているという事でしょう。しかし、この提案、バイエルンには悪くない話だと思う。怪我の多いロッベンは戦力として計算しにくいが、スナイデルのパス能力はリベリとは違った魅力がありますよ。ロッベンがシーズン通して好調ならサイド攻撃も強化されるのは間違いない。この2人が加わる事で、ファンハールの好きな4-3-3にシステムを変更する事も想像に難くない。となると、FWも中盤も人員余剰だな。さあ、どう対応しますかね。
因みにチェルシーのボジングワ獲得は断念のようです。残念。
posted by イッチー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

ワールドカップ予選 ドイツ辛勝

アウェーでのアゼルバイジャン戦。圧勝も予想されたが終わってみれば2-0での辛勝。勝ち点3を獲得した事以外は何も得るものがなかった試合。ゴメスは相変わらず代表では得点できない。守備に関しては、特筆すべき事はない。このレベルの相手に無失点と言っても、大して評価するに値しない。タスキ、シェーファーといった所が代表に定着しつつあるのは良い傾向。攻撃に関しては何もない。スペインのような連動性もなければ、オランダのような意図ある組織的プレイもない。ブラジルやアルゼンチンのようなスーパーな個人技や創造性は言わずもがな。相手がアゼルバイジャンで助かったと言うのが現実で、これがロシアだったらやられてたでしょうね。首位通過に黄色信号=予選突破に一抹の不安が。
posted by イッチー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

チェルシー、インテルもリベリに興味

コミュニティシールドを制したチェルシーがバイエルンのリベリ獲得を目指してリーグ移籍金最高額を用意しているというニュースが。インテルのモウリーニョ監督も獲得を要望したとかで、リベリは相変わらず人気があります。噂では来年レアルに移籍する事で合意なんて話もありますが、真意やいかに。しかし、チェルシーにしてみれば、ランパードの負担を減らす意味でも、攻撃にアクセントを付けるためにも、マーケティング的にもリベリは欲しいでしょうね。J・コールが戻ってくれば、攻撃の変化という面では昨シーズンよりアップですし、ドログバとアネルカの2トップが開幕から機能すれば、ひょっとして。ただ、守備陣が弱体化しているイメージはあるんですよね。かつての堅守というイメージがなくなっている。アンチェロッティがどういう采配をするのか楽しみです。バラックは今シーズンはサブ扱いなのかな。
posted by イッチー at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

バイエルン、カラーゼに興味?

デミチェリスに続いてファンボメルも怪我で離脱。守備のテコ入れが必要になってきたバイエルンですが、ミランのカラーゼに興味があるよう。しかし、カラーゼは昨シーズン怪我でほとんど試合に出ていなかった選手に触手を伸ばすとは。とりあえず、バシュトゥーバーを使って成長を期待しつつ、カラーゼあたりでミーチョ復帰までを繋ごうかと言う事でしょうかね。
posted by イッチー at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

ブンデスリーガ開幕

ついに新シーズンが開幕。
ヴォルフスブルク 2−0 シュトゥットガルト
ドルトムント 1−0 ケルン
ブレーメン 2−3 フランクフルト
マインツ 2−2 レバークーゼン
ニュルンベルク 1−2 シャルケ
ヘルタ 1−0 ハノーバー
ホッフェンハイム 1−1 バイエルン
ボーフム 3−3 ボルシアMG
フライブルグ 1-1 ハンブルグ
個人的に期待しているレバークーゼン、ハンブルグがアウェーとはいえ、格下に引き分け。バイエルンも引き分け。ホッフェンハイムは今シーズンも期待できそう。ブレーメンは昨シーズンからの課題が解決されていないようだ。ブンデスは他のリーグに比べると混戦になる事が多いような気がするが、それはドングリの背比べなのか、それとも総じてレベルが高いのか。どちらにしても、質の高い面白いサッカーを見せてくださいね。

エスパニョールのハルケ選手が突然の死。ご冥福をお祈りします。
posted by イッチー at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ブンデスリーガ期待のチーム

来週から開幕するブンデスリーガ。個人的に期待のチームをいくつか。

まずは、レバークーゼン。昨シーズン、ラバディア監督のもと、ブンデスでは珍しくパス主体のサッカーを展開。面白いサッカーでしたが、若い選手が多いためなのか、後半失速して中位に低迷してしまいました。今シーズン、名将ハインケス監督のもと、どういうサッカーをするのか。リバプールから歴戦の名手ヒーピアを、更にスイス代表期待のFWデルディヨクを獲得。ヘルメスの怪我離脱は大きいが、レンタルバックのゲカスもいて、影響は軽微か。2人を放出した守備陣の薄さは気になるが、選手のポテンシャルは高く、伸びしろも十分なだけに大化けもあるかも。今シーズン、大ブレイクを期待。
posted by イッチー at 12:52| Comment(0) | TrackBack(1) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

ドイツカップ開幕&移籍情報

ドイツカップが開幕。マインツとハノーファー以外はブンデス勢が順当に勝ち上がり。バイエルンは意外に苦戦したようですが、ファンハール監督も言っているように、プレシーズンの試合数が多い気がします。しかし、ハノーファーは、代表経験者を多く抱えているにも関わらず、化石のような思考の監督のせいなのか、結果がついてきませんね。ブッフバルトあたりにやらせてみたら面白いのに。

ビッグネームがブンデスに参戦します。
ヴォルフスブルグはナイジェリア代表のマルティンスを、シュツットガルトはロシア代表のポグレムニャクを獲得しました。彼らのプレイも楽しみです。
posted by イッチー at 12:41| Comment(4) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

バイエルン、アウディカップ優勝

バイエルンミュンヘンがアウディカップ決勝でマンチャスターユナイッテドをPK戦の末破り、見事優勝した。前半はバイエルン、後半はマンUのペースだったよう。バイエルンの課題は、やはり崩しの局面のよう。リベリ、トニ、クローゼ、オリッチと攻撃陣の主力を欠いては仕方ない部分もあるが、脱リベリ(リベリが居なくても、引いた相手に得点出来るようになる)は今後の重要課題のよう。この試合で奮起したのがレンジング。エッフェンベルグ辺りはレンジングでは役不足的な発言をしていたが、この試合では相手の決定的なシュートは数度防いだうえ、PK戦でも2本をとめる活躍。もし、レンジングがファンハールのもと大化けすれば、GK論争に決着がつくかな。
posted by イッチー at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

バイエルン、ミランに快勝

バイエルンが、ミラン、マンU、ボカJrsを招待してのアウディカップで、ミランに4-1の勝利。ミランはまだ調整段階でこの点差は参考にならないとは思いますが、リベリ、トニ、クローゼ、オリッチを欠いての勝利は評価に値するかと思います。
得点者は期待の新星ミュラーが2得点とアマチュアのセネ、それにシュバ。ミランはピルロのFKから1点。
下にスタメン&交代選手を表記してますが、ファンハールが全ての選手の能力、適正を把握しようとする姿勢が伺える選手起用です。
次の相手はマンU。これにも、ぜひ勝ってシーズンインして欲しいですね。

FCバイエルン: ブット-ラーム、ファン・ボイテン(64.デミチェリス)、バドシュトゥバー(64.ブレーノ)、ブラーフハイト(46.シュヴァインシュタイガー)- アルティントップ(64.ティモシュチュク)、ファン・ボンメル(64.オットル)、ソサ(64.バウムヨハン)、プラニッチ- ミュラー、ゴメス(80.セネ)
ベンチ: レンジング、ゲルリッツ

ACミラン: ストラーリ- ザンブロッタ(74.カラーゼ)、ネスタ(64.オニェウ)、チアゴ・シウヴァ(74.ディ・ジェナーロ)、ファバッリ(64.オッド)- アバテ(74.アントーニ)、フラミニ、ピルロ、ヤンクロフスキ(46.ガットゥーゾ)- ロナウジーニョ(46.ボリエッロ)、パト
posted by イッチー at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

シュツットガルトのFWはどうなる

エースのゴメスをバイエルンに高値で売却したまでは良かったシュツットガルト。ところがその後釜にと思ってクラブ間でも合意に至ったレアルのフンテラールに振られてしまった。給料が少ないだと。で次を探しているわけですが、なかなか決まらない。今、噂にあがっているのはブラジル代表のラヴとレアルのネグレド。実績からいえばラヴかな。将来性はネグレドだけど、ネグレドはシャビ・アロンソを獲得するための交換要員にされそうだから難しいか。
posted by イッチー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

ベリがHSV、マニシェがケルンに

大物2人がブンデスにやってきます。一人は先のU-21欧州選手権得点王スウェーデン代表FWのベリ。プレイを見た事は数回ですが、左右両足、頭とどこでも点が取れそうな生粋の点取り屋のよう。伸びしろも十分で将来が楽しみ。もう一人はポルトガル代表MFマニシェ。最近はパッとしませんが、EUROポルトガル大会では間違いなくベストMFの一人でした。その経験をケルンに活かしてほしいです。あとはレアルのフンテラールがシュツットガルトに決めてくれたら良いんだけど。スパーズやローマも興味があるらしく、そうなるとブランド力では勝てないし厳しいかな。
posted by イッチー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

ルシオがインテルに移籍。リベリは…

ファンハール監督の構想外とも言われていたブラジル代表キャプテンのルイオがインテルに移籍。500万ユーロとは安く売ったもんだと思いましたが、心配なのはバイエルンDFはともかくリベリの事。これを機に俺も移籍したい願望が更に強くなるのではという事。監督は人員過剰との認識であと3〜4人放出したいようだが、私的にはレル、オットル、ボロウスキ、ゲルリッツを放出でバンバンザイなんだけど、これらは売れ残るだろうな。最悪なのは、リベリが抜ける事。彼の場合、一人が抜けるでは済まないからね。
posted by イッチー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

ブレーメンの補強は終わりなのかな

ジエゴ放出、マリン獲得以降、全く戦力補強の話を聞かないブレーメン。噂ではボロウスキを狙っているとか。本気ですかとフロントの常識を疑いたい。バルサがマックスウェルを獲得(500万ユーロ)したらしいが、補強も上手いですよねバルサは。サイドバックが手薄なブレーメンとしたらマックスウェルは狙い目だと思ってたんですが。ボージャンとか貸してくれないかな。
posted by イッチー at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

リベリ、放出したら

バイエルンのヘーネスGMは、7000万ユーロでもリベリは出さないとコメントしているようですが、どうなんでしょ。本人は怪我で練習を休んでいますが、モチベーションの低下は明らかですし、チームの雰囲気も悪くならないでしょうかね。こういう言い方は嫌ですが、高いうちに売ってしまった方が良いと思うんですよね(トニ、ルシオもね)。この3人が売れれば、莫大な移籍金が手に入るわけで、そのお金で、FW1、右中盤1、セントラル中盤1、右サイドバック1、正GKを獲得できれば戦力はそんなに落ちないと思うんですよね。リベリがブンデスからいなくなるのは寂しいけど、彼はもっと高い所を目指しているわけで、それに応えられないバイエルンに引き留める事は出来ないと思います。
posted by イッチー at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

フンテラールが移籍を拒否?

何でも、給料に不満らしい。レアルで貰っていた給料は年棒400万ユーロ。シュツットガルトはその半分の200万ユーロ。半減は確かに大きいが、でもフンテラールって去年そんなに活躍しましたっけ?そもそも大した実績を昨シーズン上げていないのに年棒維持を求めるのはおかしいと、一般常識的には思うのですが、さて3大リーグのファンの方は、最近の高額な移籍金&年棒に関してはどう思われるんでしょう。
posted by イッチー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

フンテラール、シュツットガルトに移籍?

レアルのオランダ代表FWフンテラールがシュツットガルトに移籍する事で合意との記事。これが事実なら嬉しい。レアルではその実力を見せることなく去る事になりましたが、ぜひブンデスでその才能を存分に発揮して欲しい。幸い、シュツットガルトはそれほど選手層が厚くないので、怪我でもしない限りスタメンは約束でしょう。また、ここでブレイクすれば3大リーグにカムバックする事も出来るでしょうし、(ブンデスファンとしては、ずっと残って欲しいが)頑張ってくれ。でも、2000マンユーロという価格はどうなんでしょうね。
posted by イッチー at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表&ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
gooリサーチモニターに登録!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。