みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2011年10月02日

ナポリ復権の予感

今節、インテルを3-0で破ったナポリ。80年代マラドーナを擁してスクデットを獲得した時のような輝きを感じます。カバーニ、ハムシク、ラベッシの攻撃陣は魅力的、守備はイタリアらしく組織的で手堅い。レギュラー陣を維持出来れば黄金期の到来も来そうな予感です。ミラノ勢に
posted by イッチー at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

ボージャンがローマへ

バルサのボージャンがローマへ移籍するそうです。
ここ数年、期待されていたほどの成長の上積みが
感じられなかっただけに、この移籍は本人にとって
は良いかもしれません。

ただ、守備重視のセリエでどこまで出来るかは分かり
ませんが、彼のポテンシャルを持ってすればブレイク
も十分ありえると思います。

バルサはしっかり買い戻しのオプションをつけている
辺りが、その辺を物語っていると思います。

個人的にはブンデスに来て欲しかった。
レンタルで良いので、シュールレの抜けたマインツ
あたりに来れば、常時スタメンは約束されるような
ものなんですけどね。
posted by イッチー at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

クローゼ頑張れ

クローゼがバイエルンからラツィオへ移籍する事になりました。
バイエルンでは移籍1年目こそトーニとのコンビで優勝に貢献し
ましたが、その後は泣かず飛ばずでした。
ただ、ドイツ代表になると不思議と活躍してました。

ファンハール体制になってからは、ほとんど出番もなく完全に
干されていただけに、今回の移籍で是非復活して欲しいものです。

彼は点を取るだけでなく、前線からの守備も頑張りますし、利他的
なプレーも出来ます。

セリエの守備はブンデスリーガ以上に厳しいですが、2桁得点で
クローゼここにありと言われるような活躍を期待したいものです。
posted by イッチー at 16:23| Comment(3) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

セリエAでストライキ?

報道によると、セリエAでストライキが予定されているとの事。
記事では
「イタリアのサッカー選手会のレオナルド・グロッソ副会長は30日、契約条項をめぐるリーグ側との交渉が不調に終わったため、11、12日に行われる同国1部リーグ(セリエA)の試合でストライキを決行すると宣言した。」

近年、セリエAに関しては観客動員数の減少や様々なスキャンダルで地盤沈下が言われていますが、
2006年にイタリア代表がワールドカップで優勝したり(2010年は散々でしたが)、インテルが
昨シーズンのチャンピオンズリーグを制覇したりと面目は保っていました。
しかし、事情があるにせよ、サポーターがツケを払わされるストライキ決行は、ますますファン
離れを招きそうな気がするのですが、どうなんでしょうか?
posted by イッチー at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

ミラノダービーよりもユーヴェ対ローマ

前節、セリエAで注目のミラノダービーが行われました。
首位を行くミランと、どうもベニテス体制になってしっくりいっていない感じのインテル。
確かに怪我人が多くて、ベストメンバーがなかなか組めない事情もありますが。
試合はダービーらしく荒れた展開。アバーテが退場になりながらもイブラヒモビッチの
PKをミランが守りきりました。インテルは頼みのエトーが抑え込まれ、数的優位も効果的に
活用できず敗戦。昨シーズンのような強さは未だ感じられず、一方のミランは攻撃はとにかく
前の3人とピルロ頼み。でも、守備が安定してきてますし、主力に怪我さえなければ行けそうな
感じです。

で、この試合よりも個人的にはユーヴェ対ローマ。開幕ダッシュには失敗しましたが、調子自体は
悪くない両チームの対戦は1-1のドロー。
全体的にはローマが攻めてユーヴェがカウンターという感じでしょうか。
ユーヴェの先制点はイアクインタの素晴らしいボレーシュート。アクイラーニにフリーでクロスを
あげさせ、イアクインタにもマークがないというローマの失態を考慮しても素晴らしいゴールでした。
しかし、ローマも前半のうちにトッティのPKで同点。
後半はやや落ち着いた感じの展開ですが、ややローマペースという感じでした。
ユーヴェはデルピエーロ、アマウリを投入しますが、点を奪えず終了。
クラシッチ復帰が待たれるユーヴェ、ローマは調子を上げてきているというのが試合後の感想です。
posted by イッチー at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

セリエA6節を終えて

今日は久々にセリエAについての感想。
地盤沈下が指摘されていたセリエAですが、昨シーズンのCLでインテルが王者になり、
面目躍如となりましたが、イタリア代表のワールドカップでの惨敗により、水をさされ
ました。
今シーズンですが、ベニテス監督を迎えたインテルや同じく新監督を迎えたミラン、
ユーヴェが注目されがちですが、私が個人的に注目しているのはビッククラブ以外の
クラブ。
今シーズンはかつてのビック7の1つラツィオが首位、ナポリが3位、キエーボが5位
とビッククラブ相手に検討しています。
私のイメージは、セリエAは非常に戦術的なサッカーをするというものです。
それは大小関係なく、どこのクラブも非常に戦術的に洗練されていて、優位の差はタレント
か組織の完成度に左右されているという感想を持っています。
巷で言われているように、セリエのサッカーは面白みに欠けると言うイメージが私には
ぜんぜんありません。
戦術面の解説が出来る解説者付きで試合を見ると本当に面白いです。
民放の似非解説者の解説では楽しめませんよ。
最近、セリエで個人的に応援しているのはナポリです。ラベッシ&ハムシクのプレイを見る
だけでも価値ありますが、今シーズンから元バイエルンのソサも加入。
イケイケ的な要素とイタリアらしい戦術的な要素がうまく融合したサッカーをするなという
感想ですが、かつてはマラドーナがプレイした名門クラブ。ぜひ名実ともに復活を遂げて欲しい
です。

インテルの連覇の可能性ですが、あるとは思いますが、個人的にはないと思っています。
モウリーニョの影に最後までベニテスが悩まされそうな気がします。それがプレッシャーと
なって、選手に悪影響が・・・というのが私の予想。
代わりに浮上するのがミラン。大型補強で攻撃陣が活性化されましたし、経験値は言うまでも
ないです。守備面の整備さえ進めば復権ありでしょう。
ユーヴェは・・・、絶対的な中心選手が欲しいですね。かつてのバッジョ、デルピエーロ(
現役ですが)、ネドヴェドなどのようなプレイで選手を鼓舞するようなリーダーがいない気がします。頑張って欲しいなあ、やはりユーヴェが強くないと盛り上がらないですからね。
posted by イッチー at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

ユベントスの巻き返しやいかに

セリエAで気になるクラブがもう1つ。それはユベントス。
これも理由はプラティニ在籍時のトヨタカップでの印象とコーラー、
メラー等ドイツ人プレイヤーが居たから。

今は居ませんが、ブレーメンから移籍したジエゴがいますし、それと
なく気にはしてます。
昨シーズンは残念なシーズンだっただけに、監督もデルネーリに変わり
心機一転頑張って欲しいものです。

ここまでの補強ではボヌッチ、モッタ、ペペ、マルティネスとまずますの
面々。放出はカンナバーロ、噂でチアゴ、カモラネージ、グロッソ、アマウリ、ジョヴィンコ等も放出候補。ジョヴィンコ以外は昨シーズンの働きや今後の伸びしろを考えると、早く放出した方がいいかも。で、代わりに獲得候補にあがっているゼコ、パッツィーニ、クラシッチ、アオゴ、ブルディッソ、メクセス等のうち、各ポジション一人づつは獲得したいところでしょうか。クラシッチ、ゼコが獲得できれば文句ないでしょうね。
DF陣の再構築は必須で若返りも含めて、今後の動きに注目です。

とにかく、インテル独走だけは避けて欲しい新シーズン、ユベントスの巻き返しに期待です。
posted by イッチー at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

インターミラノ ベニテスのお手並み拝見

自分はドイツファンなのですが、同時に欧州サッカー全般にも興味がありあす。これからはドイツ以外の気になるクラブについての自分なりの見所を語りたいと思います。

まずはインテル。何故かと言うと、インテルにはかつてルムメニゲやマテウス、クリンスマン、ブレーメといったドイツ代表選手が活躍していたから。
今はドイツ人選手はいませんけどね。

昨シーズン3冠を達成したインテルは監督がモウリーニョからベニテスへ変わりました。ベニテスはプレッシャーのかかるタイミングで引き受けましたよね。昨シーズン以上の成績なんて無いわけで、あるとしたらブッチギリで3冠連覇。でも、これは限りなく可能性は0に近いと思いますよ。

ここまでのインテルの動向ですが、まずはマイコンがレアルマドリーへの移籍で合意との報道。彼を放出して大丈夫なんですかね?右サイドの攻撃は彼に頼っていたと思うのですが。クルヒン等控え層の選手もレンタル放出してますね。噂になっているのはバロテッリのマンチェスターシティへの移籍話とブルディッソの移籍ですかね。一方で獲得はコウティーニョとレノッキア、噂でマスチェラーノでしょうか。戦力と経験は豊富ですので、昨シーズン同様に優勝候補筆頭でしょうが、とにかくベニテスの采配に注目が集中しそうです。リバプールではチャンピオンズは取ったものの、リーグ優勝は結局未達。インテルで万が一連覇を途絶えさしたら・・・。
posted by イッチー at 08:55| Comment(2) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

ブッフォンがユーヴェから出る?

イタリア代表GK、ユベントスのブッフォンが移籍するかもしれないとの事。戦力を補強したにも関わらず、優勝争いから早くも脱落した感のあるユベントス。チャンピオンズリーグもグループリーグで敗退してしまい、一向に改善の兆しが見えないチーム事情に嫌気がさしたのでしょうか。行き先として噂があるのがバイエルンとマンチェスター・シティ。ぜひバイエルンに来てほしいですね。カーンもブッフォン獲得を進言しているようですし、彼が後ろに控えているだけで、バイエルンの守備が向上しそうな気がします。(的確なコーチングやビックセーブが期待できますからね)
posted by イッチー at 12:36| Comment(1) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

フンテラールがまた・・・

レアルでお払い箱になり、シュツットガルトからのオファーを自分に相応しくないなどとのたまって蹴り、ミランに移籍したフンテラール。しかし、そのミランでも出場時間か限られているようで、またもやレンタルでの移籍を希望しているとのこと。彼の場合は、自分を欲してくれるクラブで全力をつくして、しっかり結果を出してから、言いたいことを言うべきでないかね。偉大なる先輩、ファンニステルローイの足もとにも及ばない現状では、ビックマウスと言われるだけだよ。
posted by イッチー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

フンテラールはミランに

シュツットガルトを振ったフンテラールはミランに落ち着きそうです。まあ、ミランなら都落ちのイメージは無いし、注目度も高いし、チャンピオンズでも良いとこ行くかもしれないから、仕方ないんだろうけど、シュツットガルトに対して敬意を欠いた振る舞いは戴けない。彼が口程の選手なのかどうか、ぜひお手並み拝見。ピルロも残留のようですが、どうもパッとしないイメージがある今の彼をいつまで中盤の底で使うのでしょうか?そろそろ後継者を発掘しておいた方がいいと思う。フンテラールを見返す意味でも、シュツットガルトのポグレブニャクがブレイクして、チャンピオンズ本戦出場決まって、ミラン戦でゴール&勝利なんてなったら最高
posted by イッチー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ベスト11 セリエA編

08-09シーズン 独断ベスト11セリエA編です。チャンピオンズではプレミア勢に完敗でしたが、世界最強リーグと言われた頃の強さは戻るでしょうか?

GK:セザル(インテル)ブッフォンと迷いましたが・・・。
DF:右 マイコン(インテル)あの攻撃力は世界一?
  左 サントン(インテル)今シーズン最大の発見。期待のホープ
  CB キエッリーニ(ユベントス)成長著しいです。
    マルディーニ(ミラン)長年の貢献に敬意を表して

MF:中央 メロ(フィオレンティーナ)運動量豊富で万能型。
     カカ(ミラン)トップ下ではNO.1だと思う。
  サイド スタンコビッチ(インテル)不要論を見事に払拭。 
      ハムシク(ナポリ)将来楽しみな若手NO.1

FW:イブラヒモビッチ(インテル)文句なしの得点王。スーパーFW
  D・ミリート(ジェノア)ジェノア躍進の立役者。

こうして見ると、中堅クラブにもいい選手が多いんですよね。
この他にもラベッシ(ナポリ)、パンデフ、サラテ(共にラツィオ)
など攻撃陣に魅力的な選手が多かった。そして、フィーゴ、ネドベド、マルディーニという3人の偉大な選手が引退。さびしいね。
posted by イッチー at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

フィーゴが日本へ?

今シーズン限りでインテルを退団するフィーゴが欧州でのプロ生活を辞めるとの発言。そして第二の選手生活を日本かアメリカでと考えているとか。スピードや体力は落ちたとは言え、その技術は超一流。もし、日本に来たとしたら、日本の選手は学ぶ事は多いでしょう。もし、来るなら、福岡にきて欲しい。自分の子供の世界の一流のプレイを間近で見せてあげたい。(福岡が獲得するのは無理だけど)
posted by イッチー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(1) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

ユベントス次期監督にスパレッティ?

ユーヴェのラニエリが解雇されちゃいました。彼はチェルシーの時もそうなんですが、それなりの結果は出しているのですが、優勝には縁がないんですよね。正直、今シーズンのユーヴェは怪我人も多く優勝できる状態ではなかったと思うのですが、ここに来ての不調は印象が悪かったですね。戦術家としてはピンとこないラニエリ監督では来シーズンも希望が持てないとフロントは感じたのでしょうか?しかし、来季の後任候補にローマのスパレッティとは。彼のサッカーは戦術的に面白いです。ファンタジスタの扱いも心得てますし、もし実現すれば面白いですね。ただ、もしそうなるとローマはどうなる?
話は変わって、ヴォルフスブルグの後任候補がシュツットガルトに解雇された無能のフェーだとは。ビッグネームに尽く振られるのはマイナークラブの悲しい性。しかし、よりによってフェーとは。チャンピオンズリーグでも醜態をさらしたフェーをとは。もし、本当にそうなったらヴォルフスのファン、辞める。
posted by イッチー at 21:29| Comment(0) | TrackBack(1) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

イタリアダービーは引き分け

ユヴェントス対インテルのイタリアダービーは1-1の引き分け。これで残り6試合で勝ち点10差はそのまま。インテルの優勝はほぼ決まりでしょう。今シーズンのインテルはそれほど強いとは思えなかったのですが、他のライバルチームも中堅チームに足元をすくわれたという印象があって、ここまではインテルが独走ですね。アドリアーノが離脱してもバロテッリが出てくるし、クアレスマ、マンシーニと新戦力がことごとくハズレてもこの強さ。これで何故チャンピオンズリーグで勝てないんでしょうか?一方のユーヴェは今シーズンは完全復活への足がかり的なシーズンという事で良いんじゃないでしょうか。チャンピオンズのチェルシー戦でも善戦していましたしね。ただ、主力の高齢化は気になるところ。引退するネドヴェドの後継者はもちろん、デルピエーロの後継者(やはりジョヴィンコ)育成も急務です。とにかく、毎年インテル優勝じゃリーグも盛り上がらないでしょ。
posted by イッチー at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

ミラノダービー、インテルが

勝ちました、インテルが。ベッカムが加入してから調子が上がってきているように見えたミランでしたが、インテルの軍門に下ってしまいました。インテルはこれでチャンピオンズリーグのマンU戦に向けて弾みがつけば良いですね。しかし、決勝ゴールを挙げたスタンコビッチも先制点のアドリアーノも開幕前は戦力外的な扱われ方をされてましたが、やっぱりここ一番で結果を出す辺りは一流ですね。アドリアーノが全盛時のフォームを戻せば、マンUを下すのも難しくないとおもいます。クアレスマやマンシーニといったサイドアタッカーが不調なのは痛いですが。一方のミランはこの敗戦で優勝は厳しくなりましたね。ベッカムも期限がくればアメリカに戻りそうで、来シーズンは戦力の立て直しが急務でしょうか。しかし、面白い1戦でした。
posted by イッチー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

ベッカムって、やっぱり

素晴らしい選手ですね。日本では、ルックスや奥様が元スパイスガールズなどのプライベートの方ばかり取り上げますし、スポーツ番組での司会者のコメントなども、そっちの方が主体。自称サッカー通の方たちはベッカム=ミーハーみたいな感じでコケ落とす人も少なくないですよね。全く、どこ見てんだよと言いたくなります。彼がマンUの一員としてトヨタカップで来日した時も、ご多聞にもれずベッカム様などとプレイそっちのけで持ち上がった日本のマスコミ&群衆でしたが、実際トヨタカップではベッカムはイマイチでした。ただ、その試合でのベッカムのフリーランニングの素晴らしさ、守備への意識の高さには驚かされました。ノーステップで30mぐらいのロングパスをピタリと出す辺りは将に1流。フリーキックや右足のクロスの精度は言うに及ばずですよね。そして、今回期限付きでアメリカからイタリアのACミランへ移籍しました。商業的な移籍などと揶揄されたり、懐疑的な見方も多かったですが、2試合連続得点など早速結果を出す辺りは流石です。チーム合流して間もないのにね。やはり一流は違いますよ。この適応力は自分も身につけなくてはいけませんね。
posted by イッチー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

カカはミラン残留、ポドルスキはケルンへ

カカはお金に釣られませんでしたね。十分な収入があるのだし、クラブの格から言えばシティはミランの足元にも及ばないわけで、良識ある決断だと思います。ロビーニョとは大違い。
一方で、ポドルスキはケルンへ。海外のビッククラブからもオファーがあったようですが、古巣のケルンに決めたとの事で、ちょっとガッカリ。ケルンでは彼は王様。皆からチヤホヤされ、余程の事がない限りスタメンは決まりでしょう。そんな楽な環境で、彼がこれ以上成長するとはとても思えないですね。結局は、もう一皮むける手前で終わる選手になりそうです。

どうもドイツ代表の選手達はチキン野郎が多いようです。というか、適応力も含めたスキルが足りないんでしょうね。海外で成功してるドイツ人が皆無(バラックも正直今シーズンはイマイチ)なのが、その証拠。次のワールドカップ、意外と厳しいものになるかも。
posted by イッチー at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

カカはどうするのだろう

現在、サッカー界で最もホットな選手の一人にACミランのカカが挙げられると思います。噂ではありますが、マンチェスター・シティがカカの移籍金に1億ユーロを提示したとか。流石にこれだけの金額になるとミランでなくても、気持ちがグラつきますよね。カカのお給料もかなりの額のようで、世間は不況で明日の生活も危ないという人が多くいるのに、違う星の話のような気がします。プロである以上、金のある所に人が集まるのは、仕方ないですが、今回のマンCのオファーはサッカー界にとって大きな波紋を投げそうです。サッカーは世界で一番競技人口が多いスポーツ。一般市民の楽しみだったのが、今後もこのような資本原理主義がサッカー界を覆うようなら、一部の人の娯楽になりかねないです。何らかの規制が必要な気がしますけど。それとも、やっぱり人間の欲は底知れずだし、規制はナンセンスなんでしょうか。マンCのような金満チームには、絶対にタイトルを取ってほしくないな。
posted by イッチー at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

ベッカム、ミランへ移籍

スーパースター、ベッカムがイタリアのミランへレンタル移籍することが決まったようです。
ミランの熱烈ファンというわけではないので、実情は分かりませんが、この移籍にはビックリしました。
ミランはベテランが多く、世代交代が課題という風に捉えていたので、33歳のベッカムをレンタルで獲得する意義はどこにあるのか分かりません。まっさきに思いつくのは経済的効果なんでしょうが、数年前の絶頂期のような効果は期待できるのでしょうか?
もちろん、彼は実力もあり、代表にも呼ばれる程の力をいまだ維持している素晴らしい選手ですが、それにしても何故と思う遺跡です。ベッカムにロナウジーニョにシェフチェンコ、カカーとミランが銀河系軍団になってきてますね。
posted by イッチー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
gooリサーチモニターに登録!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。