みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2009年11月26日

バイエルンは命拾い、ヴォルフスブルグは・・・

チャンピオンズリーグ、グループA。バイエルンはマッカビ・ハイファに辛うじて勝利、ボルドーがユべントスを破ってくれたため、首の皮一枚つながりました。次回の直接対決で雌雄を決します。(今のままなら多分負ける)一方、ヴォルフスブルグは引き分けでもいいのに、モスクワに敗戦。先制しながらの逆転負けは次節に影響でやしないか心配である。ゼコが後半のマルティンスのシュートに足を出さなければ、追加点でダメ押し出来てたかもしれないだけに、悔やまれます。

2009年11月25日

シュツットガルト突破にのぞみ

シュツットガルトが敵地でレンジャーズに勝利し、チャンピオンズリーグ・グループリーグ突破に望みをつなぎました。セビージャがウニレアに勝つか引き分けると思っていたのが、何とウニレアが勝っちゃったもんやから、勝ち点差2ついたまんま。次の直接対決で勝利しなければ、シュツットガルトの突破はない。何が何でも勝ってや。

2009年11月08日

ブレーメン、ヨーロッパリーグGL突破

UEFAヨーロッパリーグも第4節があり、ベルダー・ブレーメンが苦戦しながらも2-0で勝ち、グループ首位を堅持。ピサロやフリングスを欠きながらも勝利するあたり、良く分からないチームです。でも、若手の起用機会も増えること成長し、結果的に選手層が厚くなるのなら、それも良しかと思います。この試合のMVPはGKのビーゼでしょうか。さて、ボロボロ状態だったヘルタ・ベルリンがへーレンフェーンとの打ち合いに勝ってグループ2位に浮上。まあ、このグループはスポルティング以外がどんぐりの背比べなので、ひょっとしてチャンスはあるかも。ハンブルグはホームでセルティックと引き分け。FW陣に故障者続出では致し方なしでしょうか。他ではグループEとGが注目です。EにはASローマとフラム、Gにはビジャレアルとラツィオという3大リーグのクラブが2つ入っている中でバーゼル、ザルツブルグという中堅国のリーグのクラブが首位。チャンピオンズリーグが決まりきったチームが勝ちあがる傾向にあるだけに、こちらのコンペティションの方が波乱が起こる可能性が高くて面白いですね。

2009年10月23日

ブンデス勢醜態を晒す

今節の欧州カップ戦におけるブンデス勢の酷さに、目を覆いたくなりました。
バイエルンはアウェーでボルドーに1-2で完敗。スコア以上に差がありました。リベリー復帰にはまだ時間がかかりそうだし、退場も2人出し、泣きっ面に蜂です。リベリ、ロッベンがいないバイエルンは怖くも何ともないクラブになり下がります。
ヴォルフスブルグもホームで引き分け。フェー監督はそろそろ戦術変更すべき。少なくとも結果が出てないのだから、昨シーズンのやり方に戻すべきだと思う。やっぱり無能監督だわ。
シュツットガルト、出場資格さえもありませんわ。
ヘルタも同様。ブンデスの恥です。
ブレーメンは相変わらずの大味な試合。アウェーで2点先制しながら引き分けに合うとは。しかも格下相手に。いい加減、勝ち方を覚えろよ。攻撃サッカーするなら、もっと才能のある選手を集めなさい。
唯一ハンブルグだけは強豪セルティックにアウェーで勝利。前節の嫌な負けを払拭してくれました。
このままいけば、ドイツ勢のグループリーグ敗退のオンパレードの可能性もありますね。

2009年10月21日

バルサ、リバプール敗れる!

いやあー、面白いですねチャンピオンズ。優勝候補本命のバルサがホームでロシアのカザンに敗れる大波乱。さらにリバプールもホームでリヨン(こちらは強豪だからそれほど驚くことは無いですが)に敗れ、インテルもディナモに引き分けグループ最下位。ワールドカップ予選などで代表選にも出ている選手が多いクラブは選手のコンディション調整やチーム練習に影響が出るでしょうから、苦戦しているのかもしれませんね。でも、予選も概ね終わりかけてますし、これからが本番という感じでしょうか。

2009年09月18日

ヨーロッパリーグ GL開幕

チャンピオンズに続いて、今季より始まったヨーロッパリーグもグループリーグが開幕しました。結果は予想外が続出。ぱっと思いつくだけでも、バレンシア引き分け、ハンブルグ負け、ローマ負け、ラツィオ負け、フェネルバフチェ負けと言った所。個人的にはヘルタの引き分けも情けない。ドイツ勢は厳しい初戦となりました。(ブレーメンだけはアウェーで勝利)栄えある第1回の優勝チームはどこでしょうか?楽しみです。
グループ ホーム アウェー
A AFCアヤックス 0-0 FCティミショアラ »
A NKディナモ・ザグレブ 0-2 RSCアンデルレヒト
B LOSCリール・メトロポール 1-1 バレンシアCF
B ジェノアCFC 2-0 SKスラビア・プラハ
C ハポエル・テルアビブFC 2-1 セルティックFC
C SKラピド・ウィーン 3-0 ハンブルガーSV
D ヘルタBSCベルリン 1-1 FKベンツピルス
D SCヘーレンフェーン 2-3 スポルティング・リスボン
E PFC CSKAソフィア 1-1 フラムFC
E FCバーゼル1893 2-0 ASローマ
F パナシナイコスFC 1-3 ガラタサライAS
F SKシュトゥルム・グラーツ 0-1 FCディナモ1948ブカレスト
G SSラツィオ 1-2 FCザルツブルク
G ビジャレアルCF 1-0 PFCレフスキ・ソフィア
H FCステアウア・ブカレスト 0-0 FCシェリフ
H フェネルバフチェSK 1-2 FCトウェンテ
I SLベンフィカ 2-0 FC BATEボリソフ
I エバートンFC 4-0 AEKアテネFC
J クラブ・ブリュージュKV 1-4 FCシャフタール・ドネツク
J FKパルチザン 2-3 トゥールーズFC
K ACスパルタ・プラハ 2-2 PSVアイントホーフェン
K CFR 1907クルージュ 2-0 FCコペンハーゲン
L アスレティック・ビルバオ 3-0 FKオーストリア・ウィーン
L CDナシオナル 2-3 ベルダー・ブレーメン

2009年09月17日

インテルvsバルサ他チャンピオンズリーグGL

全世界注目(は言い過ぎですかね)のインテル対バルサは0-0のドロー。美しいゴールの競演を期待していたのですが、両チームの守備陣が頑張ったというところでしょうか。イブラは見た感じ徐々にフィットしてきているのかなという印象でしたが、エトーの方はまだかな。
モウリーニョ監督って、自分の目指しているサッカーを今のインテルでやれているのかな?ルシオが奮闘しているのは嬉しかった。バイエルンは後悔することにならなければいいけど。個人的に応援しているドイツ勢のシュツットガルトは不甲斐ない1-1のドロー。監督もチームも経験不足を露呈したという感じでした。悪い流れの時に、その流れを変える選手も戦術も見られなかったのは残念。アーセナルやセビーじゃは順当勝ちでしょうか。今度はELか。眠れない日々がまた続く。

2009年09月16日

チャンピオンズリーグ GL開幕

まずは、バイエルン、ヴォルフスブルグ初戦勝利、おめでとう!バイエルンは新星ミュラーが2得点(スコアはアウェーで0-3の勝利)。ほとんど日本では取り上げられませんが、リーグでも得点、アシストをしており、実はブレイクしつつあるんじゃないかと個人的に思っています。突破力に加えてシュート力もなかなかのもの。注目です。ヴォルフスはホームでCSKAに3-1.グラフィッチがハットトリックと早くも本領発揮。守備面の不安は完全には拭えませんが、今後に期待できる内容だったと思います。他ではユーヴェとボルドーが引き分け。ミランがマルセイユに2-1で勝利。レアル、マンUも貫録勝ち。唯一意外だったのがアトレティコがアポエルにホームで引き分け。2トップに依存しすぎている攻撃陣が課題とは言われていますが、それが形になってしまった感じでしょうか。この引き分けが後に響かなければいいですが。さあ、今夜はシュツットガルト。フレブが出れないらしいだけに不安だ。

2009年09月09日

09-10チャンピオンズリーグ グループ予想

ざっくばらんに独断で突破チームを予想(期待込み)

グループA:バイエルン (ドイツ)ユベントス (イタリア)
ボルドー (フランス)マッカビ・ハイファ (イスラエル)
実績でいけばバイエルンとユーヴェでしょうね。ただ、グルキュフ擁するボルドーは手強い。バイエルンが組織構築に手間取るようだと危ない。

グループB:マンチェスター・ユナイテッド (イングランド)
CSKA モスクワ (ロシア)ベシクタシュ  (トルコ)
ボルフスブルク (ドイツ)
戦力ダウンとはいえ、マンUは決まり。あとの3チームは団子。希望はボルフスブルグだが経験値でベジクタシュかな。

グループC:ミラン (イタリア)レアル・マドリー (スペイン)
マルセイユ (フランス)チューリッヒ (スイス)
注目のグループ。順当ならミランとレアルでしょうが、ミランは意外にずっこけそうな気がする。大穴狙いでレアルとマルセイユ。

グループD:チェルシー (イングランド)ポルト  (ポルトガル)
アトレティコ・マドリー (スペイン)アポエル (キプロス)
チェルシーは決まりとして、ポルトかアトレティコか。ポルトは主力が抜けちゃったから、戦力維持のアトレティコで。

グループE:リバプール (イングランド)リヨン (フランス)
フィオレンティーナ (イタリア)デブレツェニ (ハンガリー)
リバプールは手堅いでしょうね。問題はリヨンとヴィオラの2位争い。
昨年のリベンジということでヴィオラ勝ち抜け。

グループF:バルセロナ (スペイン)インテル (イタリア)
ディナモ・キエフ (ウクライナ)ルビン (ロシア)
バルサとインテルで決まりでしょう。この対戦は今大会の最注目試合です。

グループG:セビージャ (スペイン)レンジャーズ (スコットランド)シュツットガルト (ドイツ)ウニレア・ウルジチェニ  (ルーマニア)
UEFAカップのような面子。セビージャとシュツットガルトで良いんじゃないでしょうか。

グループH:アーセナル (イングランド)AZ (オランダ)
オリンピアコス (ギリシア)スタンダール (ベルギー)
1強3弱。アーセナルって、いつもくじ運良くないか?意図的な物を感じる。アーセナルと残りはどこでも良いけど、オリンピアコスかな。

2009年08月31日

グループリーグ組み合わせ決定

チャンピオンズ、ヨーロッパ両リーグのグループ組み合わせが決まりました。ドイツ勢はまずまずの組み合わせ。チャンピオンズには、やはり低レベルグループが2つ出来ました。とにかく楽しみ。ロッベンが加入したバイエルン、手強いグループでその実力が試されそうです。

チャンピオンズリーグ
■グループA
バイエルン・ミュンヘン (ドイツ)
ユベントス (イタリア)
ボルドー (フランス)
マッカビ・ハイファ (イスラエル)

■グループB
マンチェスター・ユナイテッド (イングランド)
CSKAモスクワ (ロシア)
ベシクタシュ (トルコ)
VfLボルフスブルク (ドイツ)

■グループC
ACミラン (イタリア)
レアル・マドリー (スペイン)
オリンピック・マルセイユ (フランス)
FCチューリヒ (スイス)

■グループD
チェルシー (イングランド)
FCポルト (ポルトガル)
アトレティコ・マドリー (スペイン)
アポエルFC (キプロス)

■グループE
リバプール (イングランド)
リヨン (フランス)
フィオレンティーナ (イタリア)
デブレチェニ (リトアニア)

■グループF
バルセロナ (スペイン)
インテル・ミラノ (イタリア)
ディナモ・キエフ (ウクライナ)
ルビン・カザニ (ロシア)

■グループG
セビージャ (スペイン)
レンジャーズ (スコットランド)
VfBシュツットガルト (ドイツ)
ウニレア・ウルジチェニ (ルーマニア)

■グループH
アーセナル (イングランド)
AZアルクマール (オランダ)
オリンピアコス (ギリシャ)
スタンダール・リエージュ (ベルギー)

ヨーロッパリーグ
グループA
アヤックス(オランダ)
アンデルレヒト(ベルギー)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
ティミショアラ(ルーマニア)

グループB
バレンシア(スペイン)
リール(フランス)
スラヴィア(チェコ)
ジェノア(イタリア)

グループC
ハンブルガーSV(ドイツ)
セルティック(スコットランド)
ハポエル・テルアビブ(イスラエル)
ラピド・ウィーン(オーストリア)

グループD
スポルティング(ポルトガル)
ヘーレンフェーン(オランダ)
ヘルタ・ベルリン(ドイツ)
ベンツピルス(ラトビア)

グループE
ローマ(イタリア)
バーゼル(スイス)
フラム(イングランド)
CSKAソフィア(ブルガリア)

グループF
パナシナイコス(ギリシャ)
ガラタサライ(トルコ)
ディナモ・ブカレスト(ルーマニア)
シュトゥルム(オーストリア)

グループG
ビジャレアル(スペイン)
ラツィオ(イタリア)
レフスキ(ブルガリア)
ザルツブルク(オーストリア)

グループH
ステアウア(ルーマニア)
フェネルバフチェ(トルコ)
トウェンテ(オランダ)
シェリフ(モルドバ)

グループI
ベンフィカ(ポルトガル)
エヴァートン(イングランド)
AEKアテネ(ギリシャ)
BATEボリソフ(ベラルーシ)

グループJ
シャフタール(ウクライナ)
クラブ・ブリュージュ(ベルギー)
パルチザン(セルビア)
トゥールーズ(フランス)

グループK
PSV(オランダ)
コペンハーゲン(デンマーク)
スパルタ(チェコ)
CFRクルージュ(ルーマニア)

グループL
ブレーメン(ドイツ)
オーストリア・ウィーン(オーストリア)
アスレチック・ビルバオ(スペイン)
ナシオナル(ポルトガル)

2009年08月27日

チャンピオンズリーグ、グループリーグ出場チーム決定

プレーオフが終わり、グループリーグ出場の32チームが決まりました。
ポット 1 クラブ ランキングポイント
1 FCバルセロナ (スペイン、昨季覇者) 121.853
2 チェルシーFC (イングランド) 118.899
3 リバプールFC (イングランド) 118.899
4 マンチェスター・ユナイテッドFC (イングランド) 111.899
5 ACミラン (イタリア) 110.996
6 アーセナルFC (イングランド) 106.899
7 セビージャFC (スペイン) 100.853
8 FCバイエルン・ミュンヘン (ドイツ) 98.339

ポット2 クラブ ランキングポイント
9 オリンピック・リヨン?(フランス) 91.033
10 FCインテル・ミラノ (イタリア) 87.582
11 レアル・マドリーCF (スペイン) 78.853
12 PFC CSKAモスクワ (ロシア) 71.525
13 FCポルト (ポルトガル) 68.292
14 AZアルクマール (オランダ) 64.826
15 ユベントス?(イタリア) 63.582
16 レンジャーズFC (スコットランド) 56.575

ポット3 クラブ ランキングポイント
17 オリンピアコスFC (ギリシャ) 52.633
18 オリンピック・マルセイユ?(フランス) 48.033
19 FCディナモ・キエフ (ウクライナ) 46.370
20 VfBシュツットガルト (ドイツ) 45.339
21 ACFフィオレンティーナ (イタリア) 42.582
22 クラブ・アトレティコ・マドリー?(スペイン) 41.853
23 FCジロンダン・ボルドー (フランス) 40.033
24 ベシクタシュJK (トルコ) 32.445

ポット4 クラブ ランキングポイント
25 VfLボルフスブルク (ドイツ) 21.339
26 Rスタンダール・リエージュ?(ベルギー) 21.065
27 マッカビ・ハイファFC (イスラエル) 17.050
28 FCチューリヒ (スイス) 14.050
29 FCルビン・カザニ (ロシア) 9.525
30 AFCウニレア・ウルジチェニ (ルーマニア) 8.781
31 アポエルFC (キプロス) 4.016
32 デブレツェニVSC (ハンガリー) 1.633

考えられる最大の激戦グループとしては、チェルシー、インテル、アトレティコマドリー、ヴォルフスブルグ
逆にこれでチャンピオンズ?という低レベルグループとしては、セビージャ、AZ、ディナモ・キエフ、デブレツェニかな。
バランスよいグループ分けになる事を祈ります。楽しみだあ。

2009年08月21日

ヨーロッパリーグ・プレーオフ

ヨーロッパリーグもいよいよプレーオフ。応援しているドイツ勢はハンブルグとブレーメンが大勝したものの、ヘルタはアウェーとはいえ2-1で敗戦。相手はデンマークの強豪ブロンビーだけに、ちょっとやばいか。それでなくてもヘルタはヘタレだから。イタリア勢やスペイン勢も順当勝ち。プレミア勢もおそらく全チーム大丈夫でしょう。
さて、栄えある第1回王者はどこのクラブか。こちらも目が離せません。

2009年08月20日

リヨン、A・マドリーも勝利

チャンピオンズプレーオフ残りの試合が行われ、注目のカードパナシナイコス対アトレティコ・マドリーはアウェーでアトレティコが2-3で勝利。本戦出場に向けて大きなアドバンテージを得ました。リヨンもアンデルレヒトに圧勝。ベンゼマの移籍などで、戦力低下が懸念されていましたが。流石です。そんな中、移籍関係でビッグなニュースが二つ。一つはレアルのスナイデルが戦力外通告。インテルへ移籍の可能性が高まったこと。でも、給料に不満らしい。フンテラールもそうだが、オランダ人ってガメツイな。もう一つはアーセナルのセスクがバルサ移籍で合意というニュース。事の真意は定かでありませんが、仮に実現したとして、バルサでどこのポジションやるんだろう?逆にアーセナルは大幅な戦力ダウン。
http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2009/08/20/1449332/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%82%AF%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%81%A7%E5%90%88%E6%84%8F

2009年08月19日

チャンピオンズリーグ プレーオフ第1戦

いよいよチャンピオンズリーグも本格的に開幕。グループリーグ進出をかけてプレーオフ第1戦がありました。本戦で当たってもおかしくないセルティック対アーセナル、スポルディング対フィオレンティーナはいずれも後者がグループリーグ進出に向けて前進したと言えるでしょう。一抹の不安があった我がドイツ勢シュツットガルトもティミアショラにアウェーで完勝。余程の事が無い限りは大丈夫でしょう。この他にはオリンピアコスとコペンハーゲンが先勝。今週末には第1回のヨーロッパリーグもスタートします。欧州サッカーが熱くなってきました。楽しみです。

2009年05月27日

今夜バルサ対マンU

楽しみです。決勝に相応しいカードですね。個人的な戦力比較をしてみます。
攻撃陣:ほぼ互角。アンリが出れれば、ややバルサが上でしょうか。両クラブともワールドクラスの選手を揃えており、そのプレイを見るだけでも楽しめます。

中盤:バルサはイニエスタの具合が気がかり。もし欠場となるとフレブが代役か。このセクションもほぼ互角。マンUは朴がキーかも。彼の豊富な運動量は欠かせないはず。

守備陣:怪我やカードで欠場続出のバルサよりは明らかにマンUの方が上。バルサはどんなメンバーで臨むのか興味深い。ヤヤをDFに回すかな。

ベンチワーク:百戦錬磨のファーガソン対新米グァルディオラという興味深い対戦。ファギーにやや分があるか。

どちらにしてもお互いの長所が出る魅力的な試合になってほしいですね。

2009年05月21日

ブレーメン残念 

やはり、ブレーメンは勝てなかった。シャフタールの方が王者に相応しいサッカーをしていて、点差以上に実力差を感じました。ジエゴ、メルテザッカーなど主力を複数欠いた状況では仕方ないのでしょうが、控えの層が薄いのはブレーメンに限らず、多くのブンデスのクラブの課題ですね。金が無いのは仕方ないけど、だったら育成に力を入れるとか、普段から戦力底上げのために若手に経験積ませるとか、投資を呼び込む努力をするなど、取り組める事は多々あると思います。
来期の欧州カップ戦でのドイツ勢の更なる活躍を期待したいです。

2009年05月20日

UEFA杯決勝、ドイツ代表が中国に

いよいよ今晩、ブレーメン対シャフタールの決勝です。欠場者続出のブレーメンよりはシャフタールが有利とは思いますが、とにかくブレーメン、勝ってくれ!で、ドイツカップはレバークーゼンに譲ってくれ。
話変わって、ドイツ代表が中国で試合をするんだと。5/29らしいけど、何故この時期に。メンバー見ると初召集含めて若手が多いので、経験を積ませるのと、能力の見極めもあるんでしょうね。個人的にはブラジルから帰化したカカウとのコンビで代表では不発のゴメスが輝きを取り戻せるのか?この1点につきます。

2009年05月18日

バルサ、インテル、マンU リーグ優勝!

サッカー界の3大リーグ、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエAの優勝チームが決まりました。マンチェスター・ユナイッテド、FCバルセロナ、インター・ミラノ。まあ、予想通りの結果ですね。来シーズンのチャンピオンズリーグでもこの3チームは優勝候補に挙げられるでしょう(インテルは微妙ですが)。さて、ブンデスリーガはまだ決まったわけではありませんが、ヴォルフスブルグの初優勝がかなり濃厚です。最終節はホームでブレーメン。ブレーメンは中位でUEFA杯決勝の方が気になるから、リーグ最終節は主力温存の可能性大。引き分けで優勝が決まるわけですから、消化試合的なものになるでしょうね。バイエルンは最終節が3位のシュツットガルト。こちらはガチンコの勝負になるでしょうから勝敗の行方は分かりません。4位のヘルタの結果次第で、どちらかはチャンピオンズリーグ出場権を失う事になります。どちらにしても、来季のチャンピオンズリーグでのドイツ勢の活躍は見込めそうにないですね。

2009年05月16日

UEFA杯決勝予想

日本では一部マニアを除いて、ほとんど注目されないUEFA杯。でも、一部の金持ちビッグクラブのための大会になっているチャンピオンズリーグよりも、こちらの方がマニア心を擽ります。別に私はマニアではありませんが、毎年同じクラブが上位を占めるチャンピオンズリーグに正直飽きが来ているのも事実です。今年のUEFA杯決勝はウクライナのシャフタール・ドネツクとドイツのベルダー・ブレーメン。日本でも知っている人はあまりいないかも(ブレーメンは奥寺がプレイしていたクラブだから知っている人はいるか)。見所は多々ありますが、ポイントはヒュブシュマン以外は、ほぼベストメンバーが組めるシャフタールに対して、累積で欠場が決まっているジエゴ、アウメイダに加え、怪我で出場が微妙なのがメルテザッカー、ナウド、D・イェンセン、ピサーロ、ローゼンベリと主力を大量に欠くブレーメンがどう対抗するのか?普通に考えれば、シャフタールが有利でしょう。フェルナンジーニョ、ジャドソン、イウシーニョらブラジル勢が繰りなす攻撃は多彩で決定機をいくつも作り出す能力があります。ブレーメンは絶対的ゲームメーカーのジエゴに加えて、守備の要の2人を欠くかもしれない訳で、下手すると一方的な試合になるかもしれません。
ひょっとすると、新しい選手が出てきて奇跡を演出してくれるかもしれませんが。個人的には攻撃ではエジル、守備ではベーニッシュに期待してます。

2009年05月12日

チャンピオンズリーグ決勝を前に

チャンピオンズリーグの決勝はマンチェスターユナイテッド対バルセロナというサッカーファンにとっては堪らないカード。当然、両チームともベストメンバーでと思うのですが、カードの累積やら怪我やらで怪しくなってきています。まずは怪我。マンUは今のところ主力の怪我はなさそうですが、バルサはマルケスが絶望。イニエスタは当初厳しいとの噂でしたが、何とか間に合いそう(これは大きい。イニエスタが離脱となるとバルサは厳しい)。アンリも微妙のようです。問題はカード。マンUはフレッチャーがバルサはアビダルとD・アウベスが決勝に出れません。フレッチャーの代役はアンデルソンで埋まるマンUに対して、バルサは痛すぎる。両サイドバックにCBが怪我でいない。普通にベストで戦えばバルサの方が強いと思うのですが、この状況ではマンUが優勢か。うーん、これ以上プレミア勢にカップを握られたくないなあ。
gooリサーチモニターに登録!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。