みんなのプロフィールSP にほんブログ村 サッカーブログへ blogram投票ボタン

2010年06月12日

ワールドカップ展望 グループH

グループH スペイン、チリ、スイス、ホンジュラス

ホンジュラスに関してはFWのスアソ以外知らないので、何とも
言えませんが、スペイン以外の国に対しては勝ち点を取ること
も可能でしょうし、1990年大会のコスタリカのようになる可能
性も否定は出来ません。ただ、厳しいのが現実だと思います。
スペインが本命である事に疑いはないでしょう。スタメン候補
を見ただけでもワールドクラスがズラリ。娯楽性と強さを兼ね
備えたチームとして評価が高いのも納得です。ただ、美しい
サッカーをするチームが優勝すると限らないのも事実。でも、
グループ突破は問題ないでしょう。
2位は堅守のスイスよりチリを推したいです。両チームとも高所
での戦いは慣れているでしょう、共に名将が率いますから単純
にチーム力の差となるでしょう。
スイスは守備こそ堅いものの、攻撃陣はやや小粒。フレイに未だ
に頼っているように、若手が一皮むけ切れていない感じ。
一方のチリはフェルナンデスやゴンザレスなど期待の若手が代表
では活躍しているだけに、個人的には期待。国で起きた地震の
悲劇を少しでも払拭しようという気持ちも後押ししてくれると
思います。
1位スペイン、2位チリを予想。
でしょう。
posted by イッチー at 07:19| Comment(1) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ワールドカップ展望 グループG

グループG ブラジル、ポルトガル、コートジボワール、北朝鮮

今大会最大の激戦区かな。北朝鮮は良く知らないが、おそらく参加国中で最も準備期間が取れ、コンディションも良いはず。大番狂わせをやる可能性はあります。が、草刈場になる可能性も大いにあります。
どちらにしても、この国に突破して欲しくない。
ブラジルは優勝候補最右翼に挙げられていますが、2002年の時のほうが凄みがあるというか、恐さがありました。守備は確かに強い。攻撃も勿論トップレベル。でも、FW陣のコマを見たときに、過去に優勝した時のFW陣と比べるとスケールダウンの感が否めないんですよね。
意外と1990年大会のときのように、トーナメントの早い段階で消えるかも。グループ突破の大本命であること変わりはありませんが。
ポルトガルはナニの離脱が痛い。FW陣に頼れる柱がいないだけに、攻撃面でのC・ロナウドの負担を減らせるのは彼だと思ってたんですが。それとこの国はアウェーに弱いイメージがあります。2002年、1986年大会、いずれもグループリーグ敗退。今回もそうなる可能性があります。
コートジボワールは、ドログバ次第でしょうね。本当に、日本のトゥーリオには頭に来ました。準備試合でしかも中盤エリアで、何故あそこまで激しいかつ危険なプレイをするのか?何考えとんねん。ドログバ以外にも好プレイヤーが多いだけに、躍進の予感がします。
1位ブラジル、2位コートジボワールを予想。
posted by イッチー at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドカップ展望 グループF

グループF オランダ、デンマーク、カメルーン、日本

日本では当然ながら日本のグループ突破を予想するメディア
関係者もいます。でもねえ、個人的には応援したくないですね。
インタビューの受け答えや振る舞いを見ていて、感じが悪いです。
石川遼君の方がよっぽどしっかりしている。サッカーとは関係な
いですね。
本命はオランダでしょう。メキシコとのテストマッチ見ましたが、
スナイデル、ロッベンらが居なくても、良いプレイをしていました。
そのロッベンが怪我で離脱しそうなのは痛い。(日本にとっては
朗報でしょうが、世界のサッカーファンにとっては彼のプレイを
見れないのは損失。そういう視点で日本も報道して欲しい)
ただ、彼が居なくても、このグループを首位で突破することは可能。
期待しています。
カメルーンはエトーが色々言われて拗ねてましたが、彼が本来の力
を発揮したら十分突破は可能です。セルビアに4失点した守備力は
大いに不安ですが、デンマーク、日本相手に大量失点ということは
無いと思います。
デンマークは攻守の要ベントナーとケアーのコンディション次第。
彼らが出場出来ないとなると最悪なケースも想定できます。
1位オランダ、2位カメルーンとなると思います。
posted by イッチー at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

ワールドカップ展望 グループE

グループE イタリア、パラグアイ、スロバキア、ニュージーランド

イタリアの連覇は無いと思います(86年メキシコ大会と同じ雰囲気を今回のチームに感じます)。しかし、グループリーグは苦戦しながらも突破するでしょう。前回ピークだった選手達が4年たって下り坂。スタメン候補を見る限り、勢いは感じないです。運が良かったのは同居した国にロッベンやC・ロナウドのようなスピードと個人技を併せ持った選手がいないこと。リッピがサプライズな起用をするとは思えませんし、ベスト8ぐらいで終わりでないでしょうか。
パラグアイは攻守のバランスの取れた良いチームだと思います。サンタクルスが今ひとつ吹っ切れないのが歯がゆいですが、個人技の高い中盤を擁してますし、2位通過有力だと思います。
スロバキアはハムシク、バイスという楽しみな若手が見れれば、それで良いです。イタリア、パラグアイが絶対的な存在でないだけに、サプライズがあるかもしれませんが。
ニュージーランドは・・・参加することに意義がある
1位イタリア、2位パラグアイで。
posted by イッチー at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドカップ展望 グループD

グループD ドイツ、セルビア、ガーナ、オーストラリア

戦力が均衡しているという点では、今大会の一番の激戦区だと
思います。すべて前回出場国で、かつ、3カ国が決勝トーナメント
進出という事実がそれを物語っていると思います。
そして、私が応援するドイツ代表は、怪我人続出で中盤センターの
選手層に大きな不安を抱えることになりました。
バラックの欠場は本当に痛い。精神的支柱がいない今大会、若い選手
中心で望むことになりますが、強豪国にはこれまで通用していないという感じがするだけに、不安の方が大きいです。ベスト8が現実的
でしょうか。
セルビアは楽しみなチームです。中盤から後ろにかけては魅力的なタレントと擁しています。グループ1位通過も十分狙えるでしょう。
唯一不安な点は、ここも控えの質に不安が。スタンコビッチ、ヴィディッチの代役はいないですもんね。
ガーナはエッシェン離脱がとにかく痛いです。ムンタリなどいい選手はいますが、それでもエッシェンの攻守に亘る存在感は大きいです。
オーストラリアは不気味です。プレミアでプレイする選手が多いことからも、選手の質は高いと思います。ただ、前回大会から上積みはないですよね。加えて、前回時の日本のような勝ち点を計算できる相手がいない。(他の国も一緒ですが)やはり、3国より落ちると思います。願望も含めて1位ドイツ、2位セルビアで。
posted by イッチー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドカップ展望 グループC

グループCはイングランド、アメリカ、スロヴェニア、アルジェリア

普通に行けばイングランドの1位通過でしょう。アメリカに足元を
救われる可能性は泣きにしもあらずですが、主力のコンディション
さえ問題なければ1位突破はかなり可能性が高いと思います。
不安はルーニー、ランパード、A・コールの怪我やカードでの欠場とGKの大チョンボ。
2位はアメリカですかね。高い組織力とフィジカルを持って、攻守ともにスピードがある感じがします。コンフェデでスペインを破った時なんかは、本当に強いと感じました。
スロヴェニアは正直言って本大会レベルの国ではないと思うんですよね。ギリシャの時にも挙げた、今回予選落ちの強豪国の方がチーム力は高い気がします。組織力は高そうですが、いかんせん攻撃はカウンター頼み。先制されて、相手に引かれたらエンドのような気がします。アルジェリアは逆に個人技が高い選手が多いですよね。ただ、中盤のメグニが離脱したのは痛い。地の利を生かして2位狙いでしょうけど、やはりアメリカよりは劣ると思います。
ここは無風で1位イングランド、2位アメリカでしょう。
posted by イッチー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

ワールドカップ展望 グループB

グループBはアルゼンチン、ナイジェリア、韓国、ギリシャ
アルゼンチンは本当にラッキーだと思う。日程的に楽なグループな
上、対戦相手にも恵まれました。
まず、ギリシャの勝ち抜けは無いと思います。欧州予選の組み合わせに恵まれただけで、本大会に出場するに値するチームとは思えません。ロシア、アイルランド、スウェーデン、チェコ、ルーマニア辺りが出た方が面白い。
アルゼンチンの1位通過は余程の事が無い限り決まりでしょう。監督が一番の不安要素ですが、何もせずにベンチに座ってくれてるだけでいいです。あとは選手とコーチでやれますから。
2位は韓国を予想。今回の韓国は攻守、年齢のバランスが取れていると
思いますし、組織も整っています。ナイジェリアは過去の出場時と比較すると明らかにタレント力が落ちている感じです。かと言って組織力が高いかというと、それも?
1位アルゼンチン、2位韓国で決まりではないでしょうか。
posted by イッチー at 12:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドカップ展望 グループA

独断と偏見でグループAの展望を語ります。
Aに属するのは南アフリカ、フランス、ウルグアイ、メキシコ
実は私はAはD、E並みの激戦区だと思っています。
普通に考えればフランスとメキシコorウルグアイなんでしょうが、
南アフリカは開催国。簡単には決まらないでしょう。犯罪率の高い危険な国なだけに、相手国だけでなく、審判にも目に見えないプレッシャーがあるはず。初のアジア開催で不可解な判定に強豪国が泣かされたのと同じ現象が起きそうな気がする。
組織力に一日の長があるメキシコ、タレント的には申し分ないフランスとウルグアイ。どこもトーナメントで見たい国です。個人的な希望は1位フランス、2位ウルグアイ。でも、残念ながら叶わないでしょうね。アフリカで初のワールドカップ、開催国はこれまで通り、ホームアドバンテージを得て2位辺りで通過しそうな気がします。1位はやはりフランスでしょうか。監督は嫌いですし、はやくブランに替わって欲しいですが、それでも個の力で打開しそうな気がします。
予想が外れて、ウルグアイが通過しないかな。フォルラン&スアレスの2トップ、楽しみなんだけど・・・。
posted by イッチー at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

イングランド対日本を見て

今さらですけど、試合を見た感想を。日本代表には関心がないので、
ここは、トーナメント1回戦でドイツ代表と当たる可能性があるイングランドについて。
試合そのものは、予選時と比べると悪いという印象。でも、それも仕方ないですね。長いシーズンが終わったばかりで、本来なら今の時期はオーバーホールしているはずですから。
にしても、皆さんおっしゃっているようですが、ハドルストーンは良くなかったですね。クラブでは中長距離のパスでゲームを作るイメージがあったんですが、この試合ではダメでした。ウォルコットも一本調子で相手にしてみればスペースさえ埋めれば恐くないというようなプレー。このサイドはレノンかフィリップスでしょうか。ファーディナンドも今シーズンの不振を引きずっているような出来。テリーとのコンビは磐石という感じはしませんね。GKに不安を抱えるだけに2人が守備の要なんですが。左SBのA・コールのバックアップ問題も含めて守備陣は不安要素ありありな印象です。攻撃陣はやはりルーニーのコンディション次第でしょうか。ジェラードが蘇ってくれれば中盤のタレントは大会でも屈指だと思います。
この試合だけで評する事は出来ないと思いますが、レギュラーが万全であれば、ベスト8は行けると思います。その先は組み合わせ次第でしょうか。ブラジルやアルゼンチンには勝てそうな感じがしないんですよね。
posted by イッチー at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

エジプトがアフリカ王者3連覇

アフリカ・ネーションズ・カップはエジプトの3連覇で幕を下ろしました。しかも無敗。この結果が素直に素晴らしいと思います。しかし、エジプトはワールドカップに出ないんですよね。日本とも試合をしたことがあると思いますが、その時は、そんなに凄いと感じませんでした。でも、アフリカ大陸の大会では良い結果を出す。海外でプレイしている選手が主力に少ないなどの理由もあるのでしょうが、なぜアフリカネーションズカップだけ強いの?と言いたくなる昨今のエジプトです。
posted by イッチー at 12:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

W杯グループ組み分け決定

来年のワールドカップ南アフリカ大会のグループリーグ組み合わせが決定しました。
グループA:南アフリカ メキシコ ウルグアイ フランス
グループB:アルゼンチン ナイジェリア 韓国 ギリシャ
グループC:イングランド アメリカ アルジェリア スロベニア
グループD:ドイツ オーストラリア セルビア ガーナ
グループE:オランダ デンマーク カメルーン 日本
グループF:イタリア パラグアイ ニュージーランド スロバキア
グループG:ブラジル 北朝鮮 コートジボワール ポルトガル
グループH:スペイン スイス ホンジュラス チリ

各グループ展望は次回からにして、この決定を受けての日本のメディアの報道に対して苦言をひとつ。
番組上でコメントしている奴らで、対戦国の予選での試合をちゃんと見ている奴は何人いるんでしょうね?日本が首位突破。その可能性がないわけでないし、そのぐらいの気持ちで臨まないとダメとは思いますが、余りに相手を舐めてません。デンマークが日本の後塵を拝するのは決定のようなコメントのオンパレード。さて、本番ではどうなるんでしょうね。

posted by イッチー at 12:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

ワールドカップ欧州予選

ドイツとアルゼンチンの予選突破には触れたので、他国の状況を。
結果は
グループ首位通過チーム: イタリア、デンマーク、ドイツ、スペイン、イングランド、オランダ、セルビア、スイス、スロバキア

プレーオフ出場チーム: ボスニア・ヘルツェゴビナ、フランス、アイルランド、ロシア、ポルトガル、スロベニア、ギリシャ、ウクライナ

予選のグループ分けに不満を持っていた私としては、フランスとポルトガルがプレーオフに回った以外は、まあ希望通りの結果となりました。プレーオフの組み合わせがどうなるか分かりませんが、参加するだけに終わりそうなギリシャやスロベニアの勝ち抜けは勘弁してほしいな。フランス、ポルトガル、ロシアは本大会出場資格が十分にあると思いますし、ウクライナ、ボスニア辺りは魅力的なタレントがいるだけにどちらかは残って欲しいですね。あくまで個人的好みです。
posted by イッチー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

アルゼンチン代表の運命は

ワールドカップ南米予選最終節、勝ち点1差で3チームが出場権&プレーオフ目指すアルゼンチン、ウルグアイ、エクアドルの3カ国。何と言っても注目はモンテビデオでのウルグアイ対アルゼンチン。ラプラタ決選のこの2カ国はライバル意識も強いだけに激戦でした。守備的なアルゼンチンに対し、攻めるウルグアイという図式でしょうか。ウルグアイにとって痛かったのはカセレスの退場。そしてその退場劇の後に失点。ウルグアイは最後まで攻めに出ましたが、そのままタイムアップ。最後に底力を見せたアルゼンチン。チリがエクアドルを破ったため、ウルグアイはプレーオフに。個人的には両チームとも魅力的な選手が多く、本選に出てほしいなあとおもっていましたが、結果的にはこの思いが叶いそうです。
posted by イッチー at 12:26| Comment(0) | TrackBack(1) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

U-20ワールドカップ ドイツベスト8進出

強豪ナイジェリアに逆転勝利のドイツU-20代表。大会前に20人以上が代表を辞退し、16人で大会に参加しているドイツは激戦区に入り、グループリーグ突破も危ういかと思いきや、2勝1分けで堂々の1位通過。そしてナイジェリアも下したという訳です。次はブラジル。正直言って相手が悪すぎる。間違いなく今大会優勝候補NO.1.流石に苦しそう。でも、苦しい時こそ底力を発揮するのがドイツ代表。最近のA代表にはあまり感じられないこのゲルマン魂を見せて、見事前評判を覆してほしい。
posted by イッチー at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

アルゼンチンもか

アルゼンチンがブラジルに続いてパラグアイにも負け、予選5位に転落。残りの2試合、ペルーとウルグアイは絶対に負けられない状況となった。4位のエクアドルとは勝ち点差1だから逆転の可能性がないわけではないが、近年力が伸びてきているエクアドルが勝ち点を落としてくれるだろうとは、簡単には思えない。しかし、マラドーナって監督としてどうなんでしょ?彼が偉大な選手だったことは認めるが、分析や戦術などには疎いような気がする。ベンチにいるだけで選手が勇気づけられるのかもしれないけど、現時点ではそれも懐疑的。今更監督を変えるわけにはいかないし、厳しいね。
ポルトガルに続いてアルゼンチンもいないワールドカップは魅力が落ちますな。
posted by イッチー at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

ワールドカップ予選欧州ゾーン

先日あったドイツ対ロシアは、両方のファン(日本にどの位いるかは知らないが)にとってハラハラドキドキの面白い試合でしたね。大雑把に言うと、前半はドイツ、後半はロシアのペース。前半はドイツの運動量が多く、前からプレスも効いてて、ロシアの速攻を防いでいました。一方は攻撃面でも連動性があってドイツが目指している攻撃が出来ていました。ポドルスキー、バラックの得点はいずれも独力ではなく周囲との連動の中での得点で、見ていても素晴らしいと感じられるものでした。ところが後半になるとドイツの運動量が落ち、プレスが効かなくなるとロシアの怖い2トップが威力を発揮しだし始め、スピードのないドイツCB陣はアタフタしていた印象。やはり中盤から後ろのDFに関してドイツは改善の余地大ありです。収穫はこの日初スタメンのアドラー。ファインセーブ連発で、遂にその才能を見せつけてくれました。エンケも良いキーパーですし、いい意味で競い合ってほしいですね。
ルーマニア対フランスはドロー。両国とも首の皮1枚つながったという感じでしょうか。しかし、あれだけ固かったフランスのDF、EURO以降おかしくなっちゃいましたね。世代交代を進めていかなかったドメネク監督(個人的に大嫌い)のツケが回ってきましたね。両国とも本大会に出場して欲しいですけどね。
posted by イッチー at 12:49| Comment(1) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

ワールドカップ欧州予選

間もなく、予選第3、4節がはじまります。注目はEURO準優勝のドイツ対ベスト4のロシアの1戦。フィンランド戦で露呈した守備面の問題がどの位改善されているのか。スピードがあり、ボールも人もよく動くロシアに対して、スピードと創造性を欠くドイツがどう対応するのか注目です。しかし、ドイツが正キーパーのエンケが負傷で、セカンドのアドラーが初スタメンの可能性が高まっています。その才能は誰も認めるだけに、衝撃のデビューとなるか、それとも・・・この他には生き残りをかけたフランス対ルーマニア(フランス負けたら、かなりヤバいんじゃないかな)、ポルトガル対スウェーデンなど本大会でも見たいカードがあります。グループ分けにはいつも疑問を感じますが、とにかく欧州のレベルは高い。日本のサッカーしか知らない人はぜひ本場のサッカーを見て頂きたい。
posted by イッチー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

欧州戦線異常あり〜EURO予選

EURO予選が行われてますが、強豪国が苦戦してます。
フランスはスコットランドに負け、イングランドはマケドニアとホームで引き分け、スペインは未だ勝ち星なし。イタリアは3戦目にしてようやく初勝利。一体、何が起きてるんでしょうか?ワールドカップが終わった年のシーズンは、よくモチベーションの低下やコンディション不良が言われますが、それだけが原因ではなさそうです。クラブでのハードスケジュールもあるでしょうし、監督交代や主力選手の代表引退、未招集もあるでしょう。また、これまで中堅国、弱小国だった国のレベルアップもあります。新しい勢力の台頭はそれはそれで面白いですが、出来れば上記4カ国は本戦に出場してほしい物です。
posted by イッチー at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

EUROに向けて

早くも新シーズンの準備を始めた各クラブチーム。ワールドカップ出場組はもうしばらく休息がありそうですが、移籍話もだんだん多くなってきましたね。地味な感のあるブンデスですが、これまでも散々述べてきたように、安易にそこそこ外国人を獲得するのではなく、自前の若手を使って欲しい。EUROに向けて、層の厚さを増すためにも新しい才能の発掘は必要。それにはドイツの若手が試合に出ないとね。もちろん、優秀な外国人であれば、同じチームにいるだけで学ぶ事は多いから、獲得してもいいけどね。安物(こんな言い方嫌ですが)を多く買うより、いい物をピンポイントで買ったほうが、色んな意味でいいと思いますよ。その店、ブレーメンは毎度、いい補強をしますよね。メルテはぜひ、ブレーメンに移籍して欲しい。
posted by イッチー at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

ワールドカップ フランス決勝進出

いやー、得点こそ1点でしたが、両チームのレベルの高さを感じさせる緊張感のある試合でした。しかし、ジダンの存在感って、やっぱり凄い。ボールが落ち着くと簡単にいいますが、本当にジダンの所にボールが行くと、安心して見ていられるし、雰囲気も変わりますもんね。ドイツにもこういう選手が出てきてくれたらなあ。ポルトガルのC・ロナウドは今大会で一回り大きくなった気がします。ドリブルのキレが凄い。フィーゴ全盛時を思わせますね。前にも指摘したけど、ポルトガルに凄いFWがいれば優勝してもおかしくないチームだと思いますよ。残り2試合、大いに楽しみたいと思います。
posted by イッチー at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ、ユーロetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
gooリサーチモニターに登録!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。